2017年06月28日 15:45 第147期定時株主総会

本日開催しました株主総会には、雨天のなか800名を超える株主の皆さまに、お越し頂きました。この場もお借りして、御礼申し上げます。

総会では、事業報告、監査報告などについてご説明した後、例年同様、いくつかのご質問をお受けし、真摯にご回答申し上げました。

なお、私は本日をもって社長を退任し、取締役会長に就任いたしました。2004年6月に社長に就任して以来13年間、その責任を果たしてこられましたのは、皆様の温かいご支援の賜物であり、重ねて御礼申し上げます。

また、2007年7月2日に開始しました本ブログも、満10年をもって終了とさせて頂きます。見聞したこと、感じたことなどを、徒然なるままに発信し、お付き合い頂きました皆様に感謝申し上げます。

井上新社長もブログを続けると聞いておりますので、引き続きのご愛顧のほど、宜しくお願いいたします。

井上社長(右側)とのツーショット
井上社長(右側)とのツーショット

2017年06月27日 10:00 第101回 日本陸上競技選手権大会

先週の土曜日に日本陸上競技選手権大会(大阪市・ヤンマースタジアム長居)に行ってきました。
第101回目の今大会は、8月にロンドンで開催される世界陸上選手権大会の代表選考会も兼ねており、私が行った大会2日目は、日本人初の100m9秒台への期待なども相まって、スタジアムには2万人近い観衆が詰めかけました。

100m決勝については、皆さんもご承知の通りかと思いますが、私が会長を務めさせて頂いている大阪陸上競技協会の「OSAKA夢プログラム」の指定競技者では、女子1万メートルで松田瑞生選手、女子砲丸投で郡菜々佳選手が見事優勝し、また男子では、100mで多田修平選手が惜しくも2位となるなど、活躍を見せてくれました。

本大会には、当社選手も出場しており、スタンドからの応援にも力が入り、思わず大きな声が出てしまいました。

  • 1500mで2位となった当社陸上部の遠藤日向選手(後列一番左)
    1500mで2位となった当社陸上部の遠藤日向選手
    (後列一番左)
  • 観戦の様子
    観戦の様子

2017年05月24日 15:00 IWCC(国際銅加工業協議会)主催合同会議に参加

去る5月13日から5月17日まで、マレーシア・クアラルンプールにて開催されたIWCC主催の合同会議(参加業界は、鉱山、製錬、加工業界など)が世界各国より約150名の参加をえて、盛大に執り行われました。

今回はASEANの中心メンバーのひとつであるマレーシアでの大会であり、国力の盛んな様子を直にみることに関心もあり、期待しておりました。プレゼンテーションの内容は多様化しておりますが、ASEANの興隆のプレゼンテーションには大いに教えられました。1985年以来、IWCCの活動に従事してきましたが、今回の合同会議では井上次期社長にバトンタッチをいたしました。30年間の長きに亘るIWCCでの活動を通じて世界各国の多種多様な経営者とのお付き合いから得た教訓は、私の今後の社会活動に大いに役立つと確信しております。

これまで当IWCC活動を支えていただいた関係者の方々には心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

次期社長の井上常務執行役員とともに
次期社長の井上常務執行役員とともに

2017年04月12日 09:00 新入社員へのメッセージ

4月3日、入社式が挙行され、297名のフレッシュな仲間を迎えいれることができました。

新入社員の皆さんは、社会人として第一歩を踏み出すにあたり、希望と不安を胸に入社式に臨んだことと思います。振り返れば、今からちょうど半世紀前、私も同じように、この会社の門をくぐったわけですが、その後の会社人生はまさに山あり谷ありで、目の前におこる一つひとつの事柄に誠心誠意立ち向かいながら今日に至りました。そのようなことを思い起こしつつ、緊張した面持ちの新入社員の皆さんに、お祝いの言葉とエールを贈りました。

その要旨は以下の通りです。

  1. 住友事業精神を根本に据え、仕事の基本を身につけ、愚直に実行する
    (住友事業精神の「萬事入精」「不趨浮利」「信用確実」の心構えをもつ)
  2. たゆまぬ自己研鑽を通じてプロフェッショナルを目指す
    (普段から様々なことに問題意識を持ち、高い目標をもって取り組む)
  3. コミュニケーションを大事にする
    (グローバル企業としてダイバーシティは必要不可欠、幅広い人間関係の構築を)
  • 辞令の授与
    辞令の授与
  • 新入社員の皆さん
    新入社員の皆さん

これらのことを心に深く刻み、日々の仕事に取り組んでもらうとともに、健康と安全には十分に気を配り、社会人として公私ともに充実した生活を送ってほしいと思います。

(⇒プレスリリース:2017年度入社式 社長挨拶(要旨)

2017年04月10日 11:00 稲荷祭

4月2日(日)に当社の創業祭にあたる「稲荷祭」が各製作所で開催され、今年は伊丹製作所にて出席しました。製作所に鎮座するお社で厳粛な雰囲気のなか神事が執り行われ、各職場の代表者とともに社員の安全、健康と事業の発展を心より祈願しました。

東京では桜が満開を迎えましたが、西日本は例年より開花が遅れ、伊丹製作所もまだつぼみの状態で、桜を楽しみにしていた人は少し残念そうでした。しかし、晴天にめぐまれたこともあり、会場は家族連れの社員や近隣にお住まいの皆様など千人を超える人々でにぎわい、趣向を凝らした催し物やさまざまな模擬店を楽しんでおられました。

  • 稲荷祭神事
    稲荷祭神事
  • 模擬店のようす
    模擬店のようす

今年当社が創業120周年を迎えたことから、今回は記念植樹も開催されました。植えられたのは、花ことばが不老長寿の「五葉松」。今は人の背丈ほどのこの松の木が、地にしっかりと根を張り、風雪に耐えながら枝を広げ、やがて大樹に成長していくように、当社も今後更に事業を拡大し、社会や人々のお役に立つ製品を提供させていただきながら大きく発展していきたいと思います。

記念植樹
記念植樹

住友電気工業(株)社長 松本正義

1944年生まれ、兵庫県出身。
1967年住友電工入社。中部支社長、常務取締役、専務取締役を経て2004年6月社長就任。
趣味はジョギング、読書、絵画鑑賞など。中学時代は野球、高校では柔道、大学では陸上競技のやり投げ選手としてインターカレッジ出場経験もある。

最近のエントリー

最近のコメント

本ブログについて

RSSを登録する

本ブログでは更新情報をXMLを利用したコンテンツ配信フォーマット (RSS) でご提供しています。
RSSリーダーやRSS対応のブラウザにご登録ください。

会社案内動画版
住友電工チャンネル