2007年09月27日 08:50 社長室の窓から <1>


 社長室などというとちょっと古くさいイメージがありますね。
わたしのメインとなる執務室は、大阪の本社にあります。今回はそこから眺める風景についてちょっとお話ししましょう。
 仕事の関係で、東京本社にも同様に執務室があり、そちらで過ごすことも多いのですが、それはまたチャンスがあれば。


 さて、大阪は淀屋橋にある本社ですが、住友ビルという昭和37年に竣工したビルに置いています。丁度土佐堀川に面していますので、執務の合間にでもちょっと外に目をやって、なかなか美しい風景を楽しむことができるのです。


淀屋の屋敷跡 そもそも淀屋橋近辺は秀吉の時代から江戸時代にかけて、木材と米相場を扱って日本一の豪商となった岡本常安の「淀屋」にちなんだ場所で、二代目言當が米市に集まる商人が便利なように架けた橋が「淀屋橋」の由来です。
考えてみれば、今で言うCSR、地域社会との調和の概念の先駆けが、400年後もこの大阪の地で子々孫々にまで橋として残っているというのは、素晴らしいことですね。


 この淀屋、一度は五代目で奢侈の振る舞いにより、幕府によりとりつぶされます。その後に番頭を始祖とする後期淀屋により再興されますが、江戸末期に全財産を売り払って姿を隠してしまいます。それこそが明治維新の討幕運動の資金源ではなかったのかという真偽定まらぬ説もありますが、いずれにせよ、明治以降にこの近辺を住友が購入しています。


 橋と、そして南へ一筋「淀屋小路」にその名前を残した豪商に思いを馳せつつ、外を眺めてみますと格別のものがあります。


日本銀行~大阪市役所 右手側が大阪市役所、その奥は中之島公園に繋がっていきます。ここからは見えませんが、公会堂や府立中之島図書館、そして東洋陶磁美術館はすぐそこです。東洋陶磁美術館の安宅コレクションを住友グループが寄贈したことは以前に申し上げましたが、中之島図書館も明治末から大正にかけて、住友家の寄付により建築されました。
 その中央ホールの大銅板には、第十五代住友吉左衛門氏により建館記念の祝辞が掲げられています。
 「・・・前略・・・斯の館に入る者は、仰いで国家の盛運を思い、俯して我が府の富源を察し、之を培い、之を養い、諸学理に参じ、益ます功を将来に収めよ。・・・後略・・・」
 住友に奉職するものは、みな頭を垂れ、粛然とこの言葉を心に刻みつけて欲しいものです。

2007年09月25日 08:42 欧州IRにて <2>


 欧州IRでの投資家の方々の、わたしのプレゼンテーションに対する反応は好意的なものでしたが、特に12 VISIONそのものに否定的な意見が無かったことには正直にほっとしました。
 会社の成長を願わない経営者はいませんが、それをきちんと明文化し、その計画の意義や目標、そして実施手段、途中での実施状況評価や計画変更、最終的な達成度合いや評価まで、出来る限りオープンかつクリアに提示することで、株主や投資家の方から信頼してもらえるのであろうと信じています。そして、少なくともそういう精神で当社はIRを行っています。
 IRでは様々な目標となる指標を公表する必要がありますが、それを以て、対外的なコミットメント(約束)であり、達成できなかった場合は全て責任を取らなければいけないからという理由で公表を控え、出来る限り表に出ない方もいるようですが、それは間違っているとわたしは思います。
 目標の達成に向けて会社一丸となって努力を行ったか、それも綿密に計画された戦略に沿って行ったかどうかは、第三者の目でチェックされるべきとは思いますが、結果については、ある程度その時の周囲環境や外部要因も踏まえた上で判断されるべきであり、必ずしも数字の上下だけで判断されるものではないし、むしろ行ってはいけないのではないでしょうか。
 精一杯努力しても、結果があまりにも公表と違うとなった場合には、先般申し上げたposition obligationのステージとなることを覚悟しておけばいいのではないかと思っています。
 そういった考え方のもとに説明を行った結果として、投資家の皆さんからは、当社の12 VISIONの目標設定に向けての進め方には全く問題ないという判断、そして当社株の購入に対して肯定的な判断が概ね頂けたことには大変喜ばしく思いました。


 会社は法人格というステータスを与えられた生物であり、バランスのとれた構成、そして成長を理想とします。
 IRの説明はstakeholderのうち最もプライオリティを与えられているのは株主であるとの大筋で構成されています。
 会社は誰のものかという議論になりますと、法的には株主のものであることは明白です。一方会社は公器であり、全てのstakeholderにバランスよくその成果を配分しなければいけないとの理論にも大いに理があります。
 十分な配当、不足ない労働分配、CSRとしての貢献等、全てを配慮しバランスよく運営していくのが経営幹部の責務ですが、IRの説明ではどうしても株主優先の内容となり、「最大多数の最大幸福」のコンセプトからすると若干後ろめたい気持ちもしています。
 IRを実施しているトップの方々は、心理的にどのような折り合いをつけておられるのでしょうか? 
 是か非かで割り切らずに大岡裁断の如きものがGoing concernとしては良いのかも知れません。

2007年09月18日 11:11 欧州IRにて <1>


 少々旧聞になりますが、7月の上旬にヨーロッパにIRに行きました。
 IR(Investors Relations)という言葉自体は、相当に一般化されたように思いますが、株式投資を考えて下さる方々への説明は、我々のように資本市場で資金を調達する企業にとっては、その方法こそ様々なスタイルが考えられると思いますが、義務にも等しいと申し上げても過言でないかも知れません。
 住友電工でも、決算時等に報告する財務データの内容を、より詳細に説明することは、相当に以前から機関投資家の方を中心に行ってきました。
日本国内でのIRは東京で百人を大きく越える規模で行っていますが、その模様は当社のホームページの中に、決算説明会として公開していますので、是非見て欲しいと思います。
 そして、海外に関しては、大口の投資家が多く存在する米国と欧州を中心に、それぞれ年一回直接出かけていって、語りかけてPRするとともに、我々のありのままの姿を見て頂くようにしています。


 その欧州へのIR、投資家の方々との面談や説明会を行ってきたのですが、直前にロンドンでテロ未遂事件が発生し、イギリスの警戒水準が「クリティカル」に高まったあとだけに、周囲はやきもきしていたのではないかと思います。
 幸いに厳重な警備こそされていましたが、会合には何の問題もなくスムーズに予定された日程をこなすことができました。

 
 今回は特に12 VISIONを発表した後であり、欧州の投資家がそれをどう判断してくれるのか、非常に楽しみにしていましたが、さすがに鋭い質問を多々受けたものの、概ねというか全面的に好意的なコメントを頂戴できたことを喜んでいます。
 社内では決して受けないような率直なご質問・ご意見もあり、わたしにとっても頭の勉強にもなりますし、健全な経営を行うための参考にもなります。
 わたしは、一営業マンとして弊社の製品を売り続けてきましたが、今やIRの場で弊社のQCDDを多方面から説明し株を買って頂いている、即ち製品が「物」から「株」に変わっただけかなと苦笑する次第です。


 当社のように長い歴史があり、多少の浮き沈みはありながらも、中長期的・持続的な成長を目指す会社というのは、比較的に短期の業績をもとに判断することの多い投資家の皆さんには、理解してもらえないようなイメージに見えるかも知れませんが、決してそんなことはありません。意外に思われるかも知れませんが、長期的に買いポジションとして勧めることができる優良企業として、当社を推して下さる方は大変に多いのであります。
 そのあたりの理由について次回に話を致しましょう。

2007年09月13日 11:05 安倍首相辞任に想う


 昨日、出張先でびっくりするようなニュースが飛び込んできました。
『安倍首相辞任』とセンセーショナルな見出しが、号外やTV、ネットでも飛び交い、周囲のメンバーもさすがに驚きました。
 参院選の惨敗後、それでも内閣改造により清新さをアピールし、多少支持率も回復、遠藤農相の辞任等の問題等ありながらも、当面は継続して政権を担っていく決意を国民にアピールしていただけに、なぜこのタイミングにとおそらく日本国中が思ったのではないでしょうか。


 「無責任だ」、「混乱する」、「理解に苦しむ」、「タイミング最悪」という街の声が聞かれますが、全くその通りだと言わざるをえません。
 わたし自身は1年前の首相就任時に、フレッシュな安倍さんに大いに期待しましたし、小泉さんとは異なる手法を用いて、種々の政策を打ち出し実行してくれるものと楽しみにしていましただけに残念です。小泉さんは自民党をぶっ壊すと、様々な改革を断行したわけですが、前の参議院選挙では、自民党の選挙インフラも壊れてしまったように思います。


 辞任の理由は、テロ特措法延長問題がこじれたこととひいては小沢党首に会談を断られたこと、また自らの求心力が無いと感じたことなどがマスコミには報じられていますが、いずれにせよ臨時国会の所信表明演説終了直後の退陣表明など異例も異例、重責に耐えかねて投げ出したと言われてもやむを得ないと思います。


 何人かの識者がコメントされていますが、国民の目線から乖離し、全てにおいて安倍首相は判断がワンポイントずれていたということだろうと思います。
 トップに立つものの孤独、その肩にのしかかる凄まじい責任、プレッシャーはわたしにも理解できますし、まして魑魅魍魎、百鬼夜行の政界の頂点に立つ一国の首相ともなると大変な圧力であろうと思います。しかしながら、それに耐えるだけの資質があることは宰相の必要条件であります。素早く状況を把握し、計画を立てて実行し、結果を判断して新たな対策を取る、という当たり前の行動をとっていくのが遅すぎたと言えるのではないでしょうか。それにしても、歴代の内閣が放置し先延ばしてきた国家的課題がどっと吹き出し、その奔流に押し流されたとも言えます。


 何れにせよ、日本という国は未だ難問山積。後継争いにうつつをぬかしている余裕はありません。強いリーダーシップを持った新首相の下に最高のスタッフによる組閣を行い、速やかに政権を安定させて、国政の様々な問題に対処することを望みます。

2007年09月10日 09:21 「SEQCDD’」と品質への挑戦<2>


 その1で書いた通りであり、SEQCDD’の重要性については、誰もが認めるところですが、その中でも、Qualityすなわち品質の維持、向上については、当社グループが最重要課題の一つとして継続的に取り組んでいるテーマです。
 例えば、当社グループの事業運営を決定する経営会議の場において、品質に関する状況を毎月じっくりと報告してもらうことにしています。
 事業は多岐に亘り、また製品分野も幅広いため、単純に統計上の数字で品質管理の状況を計るのは難しいのですが、統計方法や指標の定義の不一致などは許されませんので、誰もがわかるようにロスや失敗損を隠さず余さず報告してもらっています。
 この報告等をもとにして、削減に向けて掛け声を大きくしているものの、実際には一進一退、関係者の努力にも拘わらず、まだまだ満足できる水準までは遠いというのが実情です。


 S(安全)にしてもQ(品質)にしても、それぞれゼロ災害、不良ゼロが求める究極の到達点であります。格好良くいえば「絶対への挑戦」という神様のみがなしうる行いに向かって全員がベクトルを合わせ挑戦していく、考えてみれば恐れ多い全員参加運動とも言えますが、「絶対」へ限りなく近づこうとする高い志と努力のプロセスが大切であると思っています。
 際限のない挑戦でありますが、くじけずに営々と昨日よりも今日、今日よりも明日にはより高いレベルに達することができるように全員で頑張っていきましょう。

住友電気工業(株)社長 松本正義

1944年生まれ、兵庫県出身。
1967年住友電工入社。中部支社長、常務取締役、専務取締役を経て2004年6月社長就任。
趣味はジョギング、読書、絵画鑑賞など。中学時代は野球、高校では柔道、大学では陸上競技のやり投げ選手としてインターカレッジ出場経験もある。

最近のエントリー

最近のコメント

本ブログについて

RSSを登録する

本ブログでは更新情報をXMLを利用したコンテンツ配信フォーマット (RSS) でご提供しています。
RSSリーダーやRSS対応のブラウザにご登録ください。

会社案内動画版
住友電工チャンネル