2009年08月31日 13:14 総選挙結果に思う


 昨日の総選挙の結果は、多くの世論調査の予測通り、民主党が圧勝、絶対安定多数の308議席を獲得、自民党は歴史的な敗北を喫することになりました。政権交代が現実のものとなったのです。


 今回は解散から投票日まで異例に長く40日間ありました。しかしながら、各政党のマニュフェストは、いまひとつ財源が曖昧で聞こえのよい話が多く、政策の争点もはっきりしないまま、消去法的に政権交代の流れができてしまった感がありました。そうした中でも、投票率は69%とこれまで以上に関心の高い選挙になったのは、現状に対して変化を求める声が根強かったということでしょうか。


 足元の経済情勢は、4-6月期のGDP速報値が年率換算3.7%増となり、FRB議長による景気底入れ発言が出るなど明るい兆しもみられますが、多くの有識者の話では、政府景気対策の効果は一時的であり、雇用情勢は依然として厳しさを増すなど、まさに「ジョブレスリカバリー」の状況で、本格的な回復にはまだまだ時間がかかるとの見方が大勢を占めています。
 また、急激な少子高齢化を迎え、近い将来GDPでは中国に抜かれることが確実と言われるなど、世界における日本のポジショニングが大きく変わろうとしています。国内外でダイナミックな変化が起きている中、外交・安全保障、財政規律問題をはじめ、年金、医療の社会保障問題、格差、労働問題と課題は目白押しです。

 
 55年体制に終止符を打った93年の細川政権発足時は、選挙から組閣まで22日間かかりました。今回は、第一党が入れ替わる本格的な政権交代になりますが、参院情勢からすれば連立は避けられないような情勢です。政権を担う民主党には、政治の空白を作らないよう早急に体制を確立し、大局的な見地から諸課題へ対処してほしいと思いますし、各党とも党利党略に走るのではなく、長期的な国益に沿った視点での対応を期待したいと思います。

 
 そして、次期政権には、小康状態を保っているとは言え深刻な失業問題を抱え消費も今一つ盛り上がりに欠ける日本経済の現状をどうみるか、プライマリーバランス(基礎的財政収支)黒字化への消費税を中心とした中長期的な取り組みなど、マニフェスト以上のものを真剣に考えてほしいと思います。また、何よりも、世界の中で日本は如何にあるべきか、日本の将来を担う人材の育成、自国産業の国際的な競争力を高めるための明確なビジョンづくりに強いリーダーシップを期待したいと思います。

2009年08月24日 17:00 グリーンレーザー、世界で初めて開発に成功


  「住友電工、純緑色半導体レーザーの開発に世界で初めて成功」との記事が先月、日経新聞など各紙で紹介されましたが、皆さん、ご覧になっていただけたでしょうか。


緑色レーザ発振の様子 光の3原色は、赤(Red)、青(Blue)、緑(Green)、この3色の混合によりあらゆる色が作られます。1985年に赤色レーザー、1996年に青色レーザーと10年おきに開発が進み、最後に残された「緑色レーザー」の実現が待たれていました。GaN(窒化ガリウム)系材料を用いた開発競争が激化していましたが、波長が500~600nm領域で発振効率の低下現象が発生、これを「グリーンギャップ」と呼び開発の大きな壁になっていました。

 
 当社は、この問題を克服するGaN結晶を新たに開発、これを用いて半導体レーザーでは世界初となる波長531nmの純緑色レーザーのパルス発振に成功したものです。さらに、波長520nmでの連続発振も確認しています。



 今回の開発をわかりやすく表現すれば、映像の通り、右側の従来結晶では電流を流すと緑色から青色へ大きく変化していますが、左側の新しく開発した結晶ではずっと緑色のままで色の変化はおきません、おわかりいただけたでしょうか。


 これまでの緑色レーザーは、赤外レーザーを特殊な光学材料で緑色に変換する手法が一般的でしたが、半導体から直接発振できる緑色レーザーを使えば部品点数も減り、小型化やコスト低減が可能で、高性能なディスプレーなどへの応用に期待が膨らみます。

 
 研究部門には、これまで何度も「研究、営業、事業部門が連係強化してニーズの把握を行おう」「社会の変化・技術の動向を先取りし出口と時間軸を明確にして取り組もう」とお願いしてきましたが、ようやく成果が出てきました。
 中期経営計画「12VISION」では、2008年~2012年の研究開発費として4000億円を、厳しい経営環境にある今年度も730億円の研究投資を実行しております。新規製品比率30%を目指し今後もよい成果を期待しています。


2009年08月24日 16:07 村上選手、銅メダルおめでとう


 今日の朝、TVを見ていると、男子やり投げで22年ぶりに決勝に進出した村上幸史選手が、銅メダルを獲得したとのニュースが飛び込んできました。
 五輪、世界選手権を通じて、この種目で日本人初のメダル獲得の快挙です。
記録の82メートル97は立派。また、予選でも83メートル10の自己ベストを出すなど、勝負強さと安定感を大舞台でも発揮されました。


 村上選手は、中学時代は野球部で活躍され、高校から陸上部に代わり、やり投げで日本一を目指し始められたそうですが、かくいう私も、プロフィールに書いておりますように中学時代は野球部で鳴らし、高校は柔道部でしたが、大学では陸上部に入り、やり投げでインカレにも出場しました。自分の青春時代がダブって思い起こされます。


 やり投げは、比較的小柄な日本人には不利なスポーツ、私は、陸上では飯を食べていけるだけの自信がありませんでしたので、大学卒業後は実業界に入りましたが、村上選手は1メートル85センチ、90キロ、外国の一流選手にも負けない体格を鍛えあげ、技術も必要なスポーツで日本選手権10連覇中、これまで休まず精進を続けてこられた賜物でしょう。今回のメダル受賞は、自分のことのように感動しました。本当におめでとうございます。これからのご活躍に期待します。


 さて、話は変わりますが、もう一つ、うれしいニュースがありました。当社ホームページでも紹介しておりますが、当社の9人制バレーボールチームが、10月に開催予定の「トキめき新潟国体」に大阪府の代表として出場することが決まりました。日曜日に近畿ブロック大会があり、ライバルの兵庫県(富士通)との決勝戦、セットカウント2-0(21-15、21-16)のストレートで勝利を収め、2006年以来3年ぶりの念願がかないました。昨年の近畿ブロック大会での逆転負け(セットカウント1-2)の雪辱を期しました。
 国体での優勝は過去2回ありますが、1998年以来遠ざかっています。今の現役選手には未踏の栄冠になりますが、優勝を目指して、残る約1か月、さらに練習を積んで、是非とも頑張ってもらいたいと思います。


 一つの目標に向かって、努力を積み重ね壁を克服する姿は、スポーツも実業の世界も同じ。今日の2つのニュースに、新たな力と勇気が湧いてきました。


■バレーボール部Webサイト

2009年08月20日 13:23 住友電工、グリーンでGO!


 先日、信号機が数秒間同時に青表示になり、3件の接触事故が起きていたというニュースがありました。色表示を切り替えるタイミングの設定ミスが原因とのこと。


 信号機を制御する「交通管制システム」、実は当社はこの分野の老舗企業。昭和30年代後半、当時、北川社長が「今後の社会ではコンピュータが重要な役割を果たすことになるから、新技術のなかにコンピュータを大いに取り入れていかなければいけない」という方針のもと、モータリゼーションの進展とともにニーズが高まっていた交通をコンピュータで制御するシステムの開発を進めてきました。今では、世界最大規模の警視庁交通管制センターをはじめ、福岡、兵庫、岡山、徳島、香川、鳥取、島根、沖縄など、数多くのシステムを納入しています。


 交通管制センターは、車両の交通量等の交通情報を各種センサーで収集し、信号機の制御や、光ビーコンや情報板等を通じた交通情報の提供などの機能を有し、交通流の円滑化を図りその結果として交通事故の減少、環境負荷の低減に寄与しています。さらに、本ブログでも紹介しましたDSSS(安全運転支援システム)の導入が補正予算で決定し、新たなフェーズの安心安全社会の実現にも貢献していきたいと考えています。

 
 信号機の3色は、日本では緑信号ではなく青信号と言いますが、国際的にはRED(赤)、YELLOW(黄)、GREEN(緑)に取り決められています。冒頭の複数方向の信号機が同時に青―青表示となることを「G・G(グリーン・グリーン)異常」と呼んでおり、そのような表示とならないようフェールセーフ機能が組み入れられています。
 私たちの暮らしや社会を支える縁の下の力持ち、あまり目立ちませんが頼もしい存在であり続けたいと思います。


 さて、グリーンで今ホットな話題といえば、「グリーンレーザー」、当社が、世界初で開発に成功しました。次回は、その話をしてみたいと思います。

2009年08月17日 14:19 夏休み終了、残る上半期へスパートだ


 長かった休みも終わり今日から出社です。皆さんはいかがお過ごしされましたでしょうか。私の場合、休みといっても、拠点によっては通常通り操業しているところもありますし、重要な情報は自宅にその都度連絡が来ますので、そういう意味では、社業から全く離れるわけではありませんが、やはり家にいると落ち着くものです。ゆっくりと静養しましたので、今日から仕事に全開と張り切っているところです。


 それにしても、この間、世の中では豪雨被害、地震発生、新型インフルエンザと、暗いニュースが続きました。特に、台風9号による豪雨は、兵庫県佐用町をはじめ各地を襲い悲惨な被害をもたらしました。被災された方のことを思うと本当にやりきれない気持ちになります。お亡くなりになった方のご冥福をお祈りしますとともに、被災地が早く復興されますことをお祈りします。
 こういったニュースに接するにつき、会社においても災いへの備えは十分か、今一度、考えさせられます。当社も、9月1日にグループ防災訓練を予定していますが、それぞれの持ち場において防災対策が万全かどうか再確認をお願いしているところです。

 
 また、一方、甲子園では夏の高校野球が、独ベルリンでは世界陸上が開幕、早速100mでボルト選手が驚異的な世界記録を樹立するなど、連日熱戦が続いています。リアルタイムに放送を見ることはできませんが、ニュースで選手の精一杯のプレーを見るのは楽しみです。優勝や新記録を目指し、日頃の鍛錬の成果を発揮されんことを期待しています。
 私たちビジネスの世界でも掲げた目標の達成に向け一日一日を如何に取り組むかが重要です。先日、役員合宿なるものを実施、今後の方向性も再確認しました。上半期も残り少なくなりましたが、皆様の期待に応えられるよう全力で取り組んでまいりますのでよろしくお願いします。

住友電気工業(株)社長 松本正義

1944年生まれ、兵庫県出身。
1967年住友電工入社。中部支社長、常務取締役、専務取締役を経て2004年6月社長就任。
趣味はジョギング、読書、絵画鑑賞など。中学時代は野球、高校では柔道、大学では陸上競技のやり投げ選手としてインターカレッジ出場経験もある。

最近のエントリー

最近のコメント

本ブログについて

RSSを登録する

本ブログでは更新情報をXMLを利用したコンテンツ配信フォーマット (RSS) でご提供しています。
RSSリーダーやRSS対応のブラウザにご登録ください。

会社案内動画版
住友電工チャンネル