2010年03月30日 08:50 卒業シーズン(2)


 学位記授与式において社会に巣立つ皆さんへのご祝辞としてお話した内容を、簡単にご紹介したいと思います。


学位記授与式の模様 充実した一回切りの人生を過ごすためには、志を高く持ち、誠心誠意、正々堂々とその実現に向けて努力することが自身に対する責務ではないかと思います。たとえ、なんらかの理由で志が達成できなかったとしても限りなく努力していく過程がとても貴重であり、納得性のある生き方であると思います。  
 そのためには、出口と時間軸を明確にし、陰日向なく忠実に真面目に目標(出口)に向かって努力すること、この積み重ねが当初胸に秘めた志を実現させる近道であると思います。


 次に、今後、皆さんが出会う尊敬できる人物、信頼できる有能なリーダーには教養を十分に積んだ人が多いことを発見するでしょう。皆さんも多忙な毎日に埋没することなく、切磋琢磨し教養を高めて幅の広い人格と力量を身につけるよう自己啓発に励んで頂きたいと思います。


学位記授与式の模様 三つ目は私が好ましく思っている人間像、「気骨ある異端児」についてです。いつの時代もパラダイムシフトが急速に進行する時は、不透明感、不確実性が将来のあるべき姿を見えなくしてしまいます。こうした変革時には、不思議なことに「気骨ある異端児」が歴史に出現しています。彼等は混沌とした中で、来る次の時代を確固たる信念をもって形成するべく歴史を力強く動かしてきました。皆さんも複数の歴史上の人物を思い浮かべるでしょう。
では「気骨ある異端児」の共通特性は何なのでしょう。私はこう考えます。気骨とは大困難に向かい、勇気と迫力を持って恐れずにそれをブレークスルーする能力といえます、異端児とは解決への道筋を人と違った角度から発想できる人材を意味します。まさに混迷を極める現在に求められる人間像は「気骨ある異端児」と言えます。
 皆さんも新しい世界で様々な問題・困難に遭遇していきます。教養の深耕と気合いをいれて問題解決を積み重ね、人格形成に努め、「気骨ある異端児」を目指して頂くよう祈念します。


 尚、最後に、時には母校のことを思い出し、成功した暁には後輩達のため、日本の将来のため、後援会や大学基金への浄財も忘れないでくださいねとお願いさせていただきました。

2010年03月29日 14:59 卒業シーズン(1)


 先週、母校の一橋大学と故郷の淡路島にある関西看護医療大学の学位記授与式に出席してきました。


学位記授与式の模様 最初に、関西看護医療大学について簡単にご紹介させていただきます。同大学は、淡路島で唯一の大学として2006年に設立、2008年に順心会看護医療大学から現校名に変更、看護師と保健師の養成を目的とした看護大学です。高齢化社会、看護人材不足が大きな社会的な課題となっている折、また、地域活性化の側面からも、その役割が大きく期待されている大学であります。
今年は初めて卒業生を出す記念の年です。80数名に学位が授与され、社会に飛び立つことになりました。国家試験での皆さんの幸運をお祈りします。


学位記授与式の模様 母校の一橋大学の卒業式は昨年に続いての出席です。43年前、将来への希望と不安を感じながら兼松講堂で卒業式迎えたことを思い出しました。まさに光陰矢のごとしで感慨深いものがありました。


 先行きに悲観的な見方をする人が多いこの頃です。私は決して楽観主義者ではありませんが、若々しい両大学の卒業生を見るにつけ、日本の将来に大きな期待を寄せています。


 教育は国家百年の計と言いますが、資源の乏しい日本にとり成長発展の鍵は人材にあります。自らを振り返りこれまで育ててもらった社会への報恩の念から、未熟な身ではありますが、今後もお役に立てるよう頑張りたいと思います。


 尚、今年は、両大学から祝辞を述べるお役を頂戴し、恥ずかしながら人生の先輩として一言、ご挨拶をしてきました。
 次回のブログにて、皆さんにも、そのお話の一端をご披露したいと思います。

2010年03月16日 16:51 ホスピタリティ


 今年も3月初めに沖縄を訪問してきました。以前ブログでもご紹介しましたが、この時期は、ダイキン工業(株)と琉球放送(株)が主催されるダイキンオーキッドに合せて多くの財界関係者が集まります。今年で23回目、まさに継続は力なりですね。トップセールスは社長の重要な務め、地元沖縄の政財関係者をはじめとするたくさんのお客様にお会いしてきました。


 ここではいつも感心することがあります。それは、大会主催者のhospitality溢れる対応です。空港でのお迎え、荷物の受け取り、ホテルの案内、ホテルのチェックインなど、主催社の方々から心温まる接遇を頂きます。スタッフの皆さん一人ひとりが、100名を超える方々の顔と名前をしっかりと覚えるのは勿論、参加者にお配りする記念品も、社員の方々がひとつひとつ心をこめて選ばれるなど、準備が徹底されています。分厚いマニュアルが整備されていると伺いましたが、これに加えて、一人ひとりが気合いを入れて取り組まないと、ここまではできないと思います。


 営業マンとして社会人生活をスタートした私としては、礼儀や接客の大切さが本当に身にしみています。安直に流されず、誠実にそして趣向を凝らしてお客様をもてなす、そういうことの積み重ねが、相手からの信頼につながります。


 また、ノウハウをしっかりとドキュメント化し全員で共有することは、ものづくりにおいても最も大切なことです。会社では、新年社員への要望事項でも「定量化の習慣を身に付けよう」、標準化、マニュアル化を進めようとお願いしましたが、当社は大丈夫だろうか、しっかりと進めているかな、今度一度チェックしてみようという気になりました。

2010年03月11日 09:47 YouTube内に「住友電工チャンネル」を開設


 話題の動画共有サイトYouTube内に「住友電工チャンネル」を開設しました。昨年来、広報部をはじめ社内関係者が撮影してきた動画をまとめて掲載しています。


 製品技術では、マグネシウム合金、グリーンレーザー、超電導をはじめ防振ゴム、高圧ワイヤーハーネス、トヨモジュールブランチ等を紹介しています。中でも、「超電導とは」では、ドクトル役の当社社員が女性ガイドとのやりとりを通じて、住友電工の超電導技術をわかりやすく解説しています。
 また、スポーツ活動では、9人制バレーボールや陸上部の躍動感のある競技シーン、そして、製作所における真剣な消防訓練の様子も見ることができます。


 写真や文章だけでは伝わりにくいことも、動画によって伝わることもあります。これまで、皆さんからの視聴回数が多いのは、グリーンレーザー、バレーボールですが、これからも、もっとたくさんの情報を提供していきますので、皆さんお楽しみに。


■YouTube「住友電工チャンネル」

2010年03月03日 09:14 一橋大学関西アカデミア~地球環境保護問題


 かねてより本ブログにてご紹介している「一橋大学関西アカデミア」第5回シンポジウムに、去る2月27日、出席してきました。今回は「地球環境保護問題について-気候変動問題とCOP15の成果-」をテーマに、一橋大学大学院の寺西俊一教授の基調講演に続き、元地球環境問題等担当特命全権大使の朝海和夫氏、京都大学大学院の植田和弘教授、龍谷大学法学部の高村ゆかり教授、島根県立大学総合政策学部の沖村理史准教授によるパネル・ディスカッションが行われました。


 地球環境保護問題について、社会科学の総合大学である一橋大学ならではの切り口で、環境経済、国際法、国際政治といった多面的な論点からの議論が展開され、非常に興味深く聞かせて頂きました。


 昨年12月のCOP15では、「コペンハーゲン合意」は発表されましたが、全会一致による採択に至らず「合意に留意する」というあいまいな表現にとどまりました。各国の様々な思惑をどう調整するのか、非常に難しい問題であります。
 一方、化石燃料依存からの脱却、すなわち低炭素社会の実現が必要という認識は各国とも合意しており、この流れを押しとどめることは出来ないということについてはパネラーの意見も一致していました。


 また、「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の報告によれば、先進国は2050年には1990年比80%以上のCO2排出量削減を実現しなければならないとのこと。そして、そのためには、技術革新やライフスタイル、ビジネスモデルのパラダイムシフトが必要になり、まさに第2の産業革命とも言うべき変化が近い将来起こる、という話がありました。

 
 多国間調整が果たしてどのように進むのか、CO2の25%削減目標を掲げた日本が国際的なリーダーシップを発揮できるのか、注目するところでありますが、一方、国よりもビジネスの世界がはるかに早く動いていく可能性があるとの指摘もあり、その通りだろうと思いました。太陽光や風力など再生可能エネルギーの活用や、スマートグリッド(次世代送電網)の整備の動きなどが、ますます加速していくことは間違いないと考えます。
 スマートグリッドでは、当社の超電導ケーブル、グループ会社である日新電機の太陽光発電用パワーコンディショナも期待しています。パラダイムシフトの波に遅れることなく、経営の舵取りをしていくことが、グローバル競争を勝ち抜き、永続的発展をとげるための必須の課題であることを改めて再確認する機会となりました。


※COP15:国連気候変動枠組条約第15回締約国会議

住友電気工業(株)社長 松本正義

1944年生まれ、兵庫県出身。
1967年住友電工入社。中部支社長、常務取締役、専務取締役を経て2004年6月社長就任。
趣味はジョギング、読書、絵画鑑賞など。中学時代は野球、高校では柔道、大学では陸上競技のやり投げ選手としてインターカレッジ出場経験もある。

最近のエントリー

最近のコメント

本ブログについて

RSSを登録する

本ブログでは更新情報をXMLを利用したコンテンツ配信フォーマット (RSS) でご提供しています。
RSSリーダーやRSS対応のブラウザにご登録ください。

会社案内動画版
住友電工チャンネル