2010年04月30日 14:21 Golden Week


 黄金週間と言えば、先日、政府から全国を5つの地域に分け、春と秋にそれぞれ5連休をずらして取得させる「連休分散化案」が出ていましたが、地域経済の活性化と満足度向上の実現が思惑通りとなるかどうか、突然の話で、まだ、ぴんときません。既に休みに入っている方もおられるかもしれませんが、明日からの5月連休、この機会に、分散化された場合のことを考えてみるのもいいかもしれません。


 今年は、全国平均は5.4日と昨年より若干短いようですが、普段はまとまった休みがとりにくい方も多いでしょうし、この機会に、旅行や家族サービス、中には車で遠出をされる方もおられるでしょう、そうした方は安全運転で楽しいお休みとなりますようお祈りいたします。

 
 私は、じっくりと英気を養いたいところですが、半分は自宅で過ごし、半分は外出と、ちょっと忙しい連休になりそうです。それでは、皆さん有意義なGolden Weekを過ごして、連休明けに元気にお会いしましょう。

2010年04月23日 09:29 当社バレーボール部、日・韓交流戦にて優勝


 4月9日~11日に韓国・堤川(チェチョン)市で開催された第33回国務総理盃全国9人制バレーボール大会「日・韓 親善交流試合」に、当社バレーボール部が日本代表として出場、見事に優勝を果たし、その勝利報告に来てくれました。


 監督・選手によりますと、現地では、堤川市長をはじめ韓国9人制バレーボール連盟会長、関係者の皆さんから連日大歓迎を受け、その心温まるもてなしに感激したとのことです。この場を借りまして、私からも御礼申し上げます。
また、お陰さまで、不慣れな環境の中でも、実力を発揮し4試合ともストレートで勝利することができました。



堤川市長との集合写真グループ会社駐在員、ご家族の皆さんと
 日・韓の9人制バレーボールの交流は2006年に始まり、当社チームは2006年以来2度目の招待で、チーム間の親睦を更に深めることができ、民間外交ができたようです。


京信工業(株)に当社が寄贈した記念碑 また、韓国では、現地資本とのJ/Vである超硬工具の韓国冶金(株)、焼結部品の大韓焼結金属(株)、自動車用ワイヤーハーネスの京信工業(株)という、3社の製造販売会社に加え、電子ワイヤー等の販売会社である韓国住友電工エレクトロニクス(株)の合計4社のグループ会社があります。
大会中、4社の駐在員やご家族の皆さんも応援に集まり、また、バレー部関係者2名が仁川(インチョン)市の京信工業(株)を訪問するなど、グループの結束を強めるよい機会になったようです。 


 当社と韓国の関係は、1970年の韓国冶金(株)へ資本参加がはじまり、今年で40年が経過します。これまでのつながりを大切にして、今後、事業のほうでも日韓の信頼関係を深めていきたいと考えています。

2010年04月20日 09:08 北海道からのお客様(2)


伊丹製作所の表事務所前の集合写真 大阪製作所の後は、粉末合金事業と特殊線事業のマザー工場がある伊丹製作所をご視察いただきました。
 人工ダイヤを製造する超高圧プレスを視察いただいた際、単結晶ダイヤをご覧になり、「黄色以外はできないのですか。宝石には使えないのですか」といったご質問が出るなど、非常に興味をもって視察いただきました。当面は装飾用に進出する予定はないとお答えしておきました。


 慌ただしいスケジュールでしたが、当社事業へのご理解を深めていただけたのでないでしょうか。
 当日、会社では、ミネラルを豊富に含み健康によいと聞く北海道のミネラルウオーター「水彩の森」をご用意させていただきました。


屋上庭園の芝桜 また、WinD Labに隣接する講堂棟の屋上庭園は、ほぼ完成し艶やかに芝桜が咲いています。芝桜の植樹は、北海道住電精密(株)の構内で毎年催される桜祭の美しさに感動した社員が提案したものです。皆さんには、お時間の都合もあり、見ていただけなかったことは本当に残念です。本ブログを通じて、ご紹介させていただきます。まだ植えたばかりで小さいですが、当社と北海道との絆のように、しっかりと根を下ろし育つことを願っています。
 

 WinD Labは、当社研究の屋台骨を支えるために創業110年を記念に研究施設の統合再編に取り組んだものです。4月末にようやく完成、正式な開所式を開く予定です。改めてご紹介したいと思います。

2010年04月19日 09:39 北海道からのお客様(1)


超電導実験をご視察中の高橋知事、北町長、そして私 当社グループ製造拠点の北海道への進出は、以前このブログでも紹介しました通り、今年で30年が経過します。奈井江町では、超硬合金関連製品を製造する北海道住電精密(株)と、電力ケーブルや蓄熱暖房機を製造する北海道電機(株)の2社、そして室蘭市では、弁ばね用オイルテンパー線を製造する北海道スチールワイヤー(株)が事業展開しています。


 先々週、北海道から高橋知事、北奈井江町長に、当社事業へのご理解を深めていただくため、それぞれのマザー工場がある大阪製作所、伊丹製作所のご視察にお越しいただきました。


超電導モーター車の前にて 大阪製作所では、研究新本館「WinD Lab」にて、当社製超電導電線に電流を流し、電磁誘導により物質が浮遊する実験を見てもらいました。原理は、リニアモーターカーと同じです。経産省ご出身の高橋知事は、さずがに超電導技術もよくご存知でした。


 この原理は、YouTubeに投稿した動画「超電導とは」でも、わかりやすく説明していますので、興味のある方は一度ご覧ください。


 ■YouTube「超電導とは」

 
 発電所でつくられた電力も送電中に5%が失われています。超電導は、2050年にCO2排出量50%削減目標を達成するためにはなくてはならない技術だと自負をしており、開発に鋭意努力しているところです。当社製の超電導モーター搭載車に乗っていただきました。エンジン音が無くスムーズな乗り心地はいかがでしたでしょうか。

2010年04月12日 13:45 住友電工グループ社会貢献基金


 ちょっと前になりますが、2月下旬に「住友電工グループ社会貢献基金」が、公益財団法人の認可を受けました。


 当社では2007年の創業110年にあたり、「人材の尊重」「技術の重視」「よりよい社会・環境づくり」をテーマとして、「Glorious Excellent Company」にふさわしい自律的、継続的な社会貢献活動を推進するべく「住友電工グループ社会貢献基本理念」を制定しました。この基本理念のもと、本ブログでも紹介させて頂いた「伊丹市中学生陸上教室」「保育所」「すみでんフレンド㈱」「地域との防災協力」など、青少年の育成、障がい者雇用の促進、地域社会との共生、連携等を進めてきました。


 世界的な経済危機により経営環境が激変、今後の先行きも予断を許さない状況ですが、社会貢献活動を継続的に実施できる財政基盤を確保するという念願がようやくかなったという感があります。といっても、枠組みができたということであって、まさに、これから魂を入れる作業が始まります。


 理事、評議員には当社グループ会社の経営トップに加え、社外の有識者として、理事には科学技術振興機構・研究開発戦略センターの吉川弘之センター長と住友病院の松澤佑次院長のお二人に、評議員には大阪大学国際公共政策研究科の山内直人教授と甲南大学の伊東浩司准教授のお二人に就任いただきました。勿論、私も理事長として精一杯やらせてもらいます。


 本基金は、人材の育成や学術・研究活動への助成等を主な目的としていますが、当面の活動としては、これまで行ってきた国内各大学への大学講座の寄付や中国・蘇州大学への奨学金の支給を継続します。2009年度は基本財産1億円、運営寄付金91百万円で運営しますが、今後は、総額20億円を目標に適宜、基本財産を拡充し、公募のうえで支援先を広げていく計画です。ひとつひとつ一隅を照らす活動を着実に積み重ねていきたいと考えています。


 早速、基金のホームページも開設しました。当面は日本語でのご紹介となりますが、ゆくゆくは英語、中国語でも紹介するなど内容を充実させ、皆さんからのご意見も頂戴したいと思いますのでよろしくお願いします。


(ご参考)
■財団法人住友電工グループ社会貢献基金ホームページ
http://www.sei-group-csr.or.jp/


■住友電工グループ社会貢献基本理念 
http://www.sei.co.jp/csr/contribution/index.html

住友電気工業(株)社長 松本正義

1944年生まれ、兵庫県出身。
1967年住友電工入社。中部支社長、常務取締役、専務取締役を経て2004年6月社長就任。
趣味はジョギング、読書、絵画鑑賞など。中学時代は野球、高校では柔道、大学では陸上競技のやり投げ選手としてインターカレッジ出場経験もある。

最近のエントリー

最近のコメント

本ブログについて

RSSを登録する

本ブログでは更新情報をXMLを利用したコンテンツ配信フォーマット (RSS) でご提供しています。
RSSリーダーやRSS対応のブラウザにご登録ください。

会社案内動画版
住友電工チャンネル