2010年06月28日 09:58 2010年6月定時株主総会


 6月25日(金)に定時株主総会を開きました。株主総会は、株主の皆さまの生の声を聞き、また率直に経営の考え方をお話できる、重要な双方向コミュニケーションの場です。今年は、100年に1度のマーケットの落ち込みを何とか乗り越えることができたことや、将来に向けた取り組みの状況など、例年以上に、懇切丁寧にご説明するよう心掛けました。


 最初は、なかなかお手が上がりませんでしたが、いろいろ準備してきましたので是非ご質問をと申し上げたところ、粗利益の改善に頑張って欲しいとのご発言を皮切りに、続いて多くの方からご質問を頂きました。


 スマートグリッド、クラウドコンピューティング、水ビジネスへの取り組みについての質問も頂きました。スマートグリッドについては、超電導やパワーデバイス等、主にハードの開発に向け、NEXTセンター、パワーシステム研究所を新設し、当社グループの持てる全ての技術を融合し長期的な視点で取り組んでいることご説明しました。


 ユニバーサルシティ駅に宣伝看板を出してはどうかというご提案もありました。BtoB企業ではありますが、会社のPRは重要なテーマであり、費用対効果を見極めて検討していきたいと思います。


 また、役員報酬を決める際、担当事業本部の業績をどう評価しているのかというご質問がありました。日頃から、役員には業績に対する結果責任があると言っていますが、人工ダイヤ、光ファイバ、化合物半導体等も10~20年という長期にわたる地道な取り組みの結果、花開いたものであり、短期的な業績のみでは評価していない旨をお答えしました。


 2009年度は、世界同時不況の影響で、実際、売上も最高時の7割程度にとどまりましたが、「身の丈にあった組織とコスト構造の再構築」、「内部固めの拡大と深耕」、「教育再武装運動の強化」にグループを挙げて取り組み、当初予想を大幅に上回る成績を残すことができたことは、経営を預かる立場として、株主の皆様に胸を張って答えることができました。


 また、公正取引委員会による立入検査等を受け、ご心配をおかけしたことについては、経営陣一同、心からお詫び申し上げ、今後、競争法コンプライアンス体制を一層強化し、社会から信頼される公正な企業活動の実践に真摯に取り組む覚悟を申し上げました。


 最後に、持続的な成長発展を通して社会に貢献し、また、同時に株主の皆さまにも利益の還元を図ることを目指し、経営陣一同、今後も身を粉にして頑張っていきたいと申し上げ、閉会とさせて頂きました。

2010年06月22日 16:05 南アフリカからのお便り


 前々回、南アにあるグループ会社SEWS-SA社を紹介しましたが、このブログを見て、社長の山脇氏からワールドカップに関するエピソードが届きました。
 山脇氏とは、1989年から92年の約3年間、ロンドンで駐在員として一緒に仕事をした間柄で、ご本人は20年近く南アで駐在員として過ごし、定年を過ぎた現在も、ダーバンに在住しています。


 「土曜のオランダ戦は、残念でしたが善戦でしたね。こうなるとデンマーク戦に頑張ってもらいたいですね。デンマークがカメルーンに勝ったので日本は勝つか引き分けが必要ですが、期待しましょう。」と。氏は、自宅観戦とのことですが、他の日本人駐在員は全員スタジアムに応援に行ったそうです。


SEWS-SA社製のTシャツ 現地では、世界各地から人が集まり、ホテルが満員で取れない状況で、自宅には、連日、日本の有名なサッカー解説者をはじめ、報道関係者等が宿泊、日本食を提供する等、色々と影のボランティア活動をやっているとのこと。そう言えば、ロンドン時代から、飲み会の後は、いつも甘党の山脇氏が車で自宅まで送ってくれるなど、面倒見はよかったですね。まだまだ、ワールドカップは続きますので、頑張ってください。
 

Tシャツを着たSEWS-SA社社員一同、工場内にて また、SEWS-SA社は、毎週金曜日をカジュアルフライデーと称し、ワールドカップを盛り上げるため会社支給の2010ワールドカップカラー=南アチームカラーのTシャツを全員が着用し、南アフリカと日本を応援しているそうです。


 南アの対日貿易は、輸出先としては米国に次いで2位、輸入先としては5位と意外と深い関係にあります。また、山脇氏のように長年、現地に居住し、南アと日本との友好関係に貢献している人もいます。
 私も遠く離れた日本から、SEWS-SA社の発展と、南ア&日本の両チームの活躍、そして、山脇氏、ご家族、南アフリカの皆さんのご健勝を祈念しています。

2010年06月22日 08:50 全社活動2010(2)


 安全、品質活動については、毎年、ポスター、標語を募集し、優秀作品はこの全社大会の場で社長表彰をしています。今回は、安全では、標語11,746件、ポスター240件、品質では標語2,413件、ポスター61件の応募がありました。自工程保証の大切を、分かり易く表現するなど、なかなかの出来映えですので、本ブログでも紹介させて頂きます。 
 実際の活動が、標語やポスターの通り、活発に展開されることを期待しています。

2010年度全社安全活動安全ポスター入選作品

2010年度 全社安全活動安全標語 入選作品

「止める」勇気と「呼ぶ」基本 急ぐ時こそ「待つ」姿勢 基本守って安全職場

災害は無理と油断と焦りから大きな事故の小さな予兆 基本に返って安全作業

異常を感じたその瞬間「止める 知らせる 処置を待つ」ルール厳守で無災害

2010年度全社品質活動ポスター入選作品


2010年度 全社安全活動品質標語 入選作品

いいだろう 安易な妥協がミスの元!  基本を守って確かな品質

だろう そのはず そのつもり 不良が生まれる思い込み 一人一人が確認を!!

現場力!知恵と工夫を標準化 足元固めて 自工程保証

谷津 ひろ絵藤本 美紀森本 普由
藤本 美紀鈴木 菜帆根来 雅司

2010年06月21日 09:37 全社大会2010(1)


 6月初旬に、安全・環境、品質、事務品質活動について、昨年度の実績報告と、本年度の方針、目標、具体的活動の共有化を図るべく、全社大会を実施、私も出席しました。報告では、危険疑似体験キットや動画を用いた感性を磨く研修等、各本部の実態に応じ工夫を凝らした取り組みがあり、感心しました。
 また昨年1月に開始した、現実課題の解決を通じ、モノづくりの革新・改善を担うプロを育成する、モノづくり革新プロ実践道場(MKP)、現場改善プロ実践道場(GKP)により、SEQCDDに係る永年の課題を解決したという事例報告もあり、大変心強く感じました。


全社大会でのコメントの様子 一方、全社を挙げて耐震補強等の安全対策を推進していますが、流石に創業113年ともなれば、老朽化が進んでいる建屋、設備等もあり、先手管理の対策をとることが必要だと感じました。
 また、海外拠点200社超、海外従業員10万人超と、グローバル化が進むなか、精力的に諸活動の浸透を図ってきましたが、欧州のRoHS指令やREACH規則をはじめ様々な環境関連規制があり、少しの油断が事業に支障を来しかねません。日本人だけでなく、外国人の登用推進も課題の一つであろうと感じました。


 残念だったのは、管理監督者の皆さんに、1日3回の現場巡回と、また漫然と巡回するのではなく、その際に気付いたことは改善メモを書くようにとお願いしてきましたが、基幹職の巡回が少ない、記録も取っていないケースがあるとの報告がありました。生産現場はまさに生き物であり、常に変化しています。改めて、三現主義を徹底するようお願いしました。
 また、定めたプロセスや標準についても、顧客や社会の要求がスピーディに変化していることをよく勘案し、陳腐化しないよう不断の改善が必要です。他に例を求めるまでもなく、安全品質はメーカーの生命線であり、十分注意して取り組んでほしいとお願いしました。


参加者全員で安全コール 最後に、事務品質向上活動の報告では、社員一人ひとりの的確な事務処理、創意工夫と問題解決への真摯な姿が、会社を支えていることを再認識しました。この活動は、一般職の皆さんによる事務研究会が中心ですが、しっかり取り組むことで、職場内の意思疎通も深まり、チーム力も高まります。「基幹職はリーダーシップを発揮してやっているんだろうな。人任せにしていたら承知しないぞ」と喝を入れたところ、たくさんの方から笑いが出ました。心当たりがあるのだろうかと思いながらも、これで、少しなりとも活動の活性化につながればと思いました。


 大阪製作所のWinD Lab講堂を会場に、全国6拠点を結ぶTV会議で実施し、非常にたくさんの面々が参加。是非とも他部門の有益な活動について、積極的に横展開を図って欲しいと思います。

2010年06月17日 08:40 サッカーワールドカップ、日本初戦勝利!


 試合時間が深夜だったため、翌朝ニュースで知りました。大会前の強化試合の成績が芳しくなかっただけに、これまでの鬱憤を晴らすような活躍ぶりでした。選手の皆さんよく頑張ってくれました。おめでとうございます。

 
 さて、アフリカに注目が集まっている折角の機会ですので、当社グループのアフリカとの係わりについてご紹介します。
その歴史は意外に古く1960年台後半から電力・通信インフラ構築を目的に進出、特に、1976年にナイジェリアで受注した市内通信網建設工事は、一企業が受注した通信網建設工事では、当時、世界に例を見ない大型プロジェクトでした。延べ300人の日本人と約2000人の現地スタッフが携わり、受注から11年半を費やし1988年に完工。こうした経験を通じて海外ビジネスを担う人材が育ち、その後のグローバル化推進に大いに活躍していただきました。


 こうした大型工事プロジェクトから、自動車用ワイヤーハーネスの製造へと、事業内容は変化しましたが、特に近年再び、積極的にアフリカで事業展開しています。
現在、南アフリカは自動車産業が盛んです。日本車はアフリカでも人気が高く、また欧州車も、右ハンドル国の南アフリカを日本等アジア向けの製造拠点としています。
当社グループも、6月19日(土)のオランダ戦が行われるダーバンに、SEWS South Africa Pty Ltdというグループ会社があります。2004年の設立で、売上高は約12億円、社員数100名超と、ワイヤーハーネスの製造販売会社では小ぶりですが、日本からの駐在員4名をはじめ、皆頑張ってくれています。


 因みに同社は今週休みとのこと、次のオランダ戦は、応援に行かれることでしょう。私も海外駐在時、日本人の活躍に感動した思い出があります。
現地で頑張っている日本人にとっても励みになりますよう、オランダ、デンマーク戦についても、日本代表の皆さんのご活躍を祈っています。

住友電気工業(株)社長 松本正義

1944年生まれ、兵庫県出身。
1967年住友電工入社。中部支社長、常務取締役、専務取締役を経て2004年6月社長就任。
趣味はジョギング、読書、絵画鑑賞など。中学時代は野球、高校では柔道、大学では陸上競技のやり投げ選手としてインターカレッジ出場経験もある。

最近のエントリー

最近のコメント

本ブログについて

RSSを登録する

本ブログでは更新情報をXMLを利用したコンテンツ配信フォーマット (RSS) でご提供しています。
RSSリーダーやRSS対応のブラウザにご登録ください。

会社案内動画版
住友電工チャンネル