2010年09月29日 10:05 富通集団との合弁会社「富通住電光繊(杭州)有限公司」の始業式 (浙江省富陽市にて)


 9月21日に挙行。翌22日は中秋節。満月を賞で月餅をいただき、家族の一体感を確認し、将来がお互いに幸せであることを祈る大切な休日。残念ながら9月22日は曇りがちで満月は望めず。


開業式の模様 富陽市にて、富通集団有限公司(以下富通集団)との合弁会社「富通住電光繊(杭州)有限公司」が、プリフォーム(光ファイバ母材)から線引きまでの光ファイバ一貫製造体制を完成させ稼働に入ったのを記念し、全国人民代表大会、浙江省、杭州市、富陽市、中国通信協議会、銀行各行の多数の幹部をはじめ、関係者の皆様にご来駕頂き、工場見学、式典、招宴を執り行いました。


 思い切って最新設備を導入した工場は、流石に目を見張るものがあります。日中合作の成功を祈念し、両国の若きエンジニアが協力し、必死の思いで短期間に創り上げたマスターピースと言っても過言ではありませんでした。


設立に貢献したエンジニアなど当社関係者と一緒に 言うまでもありませんが、通信業界は、品質への要求は高く、また技術進歩が速く、市場価格の変動にはコストダウンが追随できない程、厳しい業界であり、巨大市場中国では尚更です。
 多数の来賓からも、「これからが真のチャレンジ。全員一丸となって、富通住電光繊を中国一の光ファイバ・ケーブルメーカーに成長させて下さい」との激励の御言葉を頂きました。


晩餐会の模様 日中相互の信頼関係と密接な双方向コミュニケーションを基に、今までの過酷な経験を、完全現地化した中国の地で如何に先手を打ってポジティブに生かしていくかが、ゴーイング・コンサーンとして肝要なことでありましょう。


平坦な道は期待してはいけません。切り拓く企業精神、初心不可忘、萬事入精、頑張っていきましょう。


2010年09月27日 09:04 パリ訪問


 5月はトランジットで通り過ぎましたが、先々週、久方ぶりにパリを訪問しました。猛暑が続いていた日本とは違い、9月中旬ともなると、さすがにさわやかな天気でした。写真は、当社グループ会社Sumitomo Electric Wiring Systems(Europe)Limited(略称SEWS-E社)のパリ事務所を訪問した際のものです。


SEWS-E社の皆さんと一緒に SEWS-E社は、英国資本のルーカス社との合弁会社として1990年1月に設立、当時、ロンドンに駐在し住友電工の代表として交渉にあたりました。
その後、1999年7月に100%子会社化し現社名に変更しましたが、私は、1990年の設立以来2004年迄、Directorをしておりましたので、欧州グループ会社の中でも最愛の息子の1人といったところでしょうか。

   
 現在は、欧州を中心に、カサブランカで有名なモロッコやエジプトを含め14カ国において、ワイヤーハーネス及び関連製品の製造・販売事業を展開、従業員1万人超の規模に達しています。
 

 欧州は、経済金融危機により、大きな変革の時にあります。こういう時こそ、当社グループの幅広い研究開発力や組織力を結集し、お客様第一の姿勢で、新技術、コストなど様々なニーズへの対応力を強化することで、グローバルサプライヤーとしての信頼を高めるチャンスです。グループが掲げる2012年度のグローバルシェア25%達成に向け、気を抜かず邁進するよう叱咤激励してきました。


 ローソン社長をはじめSEWS-E社の幹部の皆さんとは、常日頃から意思疎通ができていると思ってはいますが、Face To Faceのコミュニケーションも大切です。お互いに共通認識を深め、目標に向かって頑張ろうと誓いあいました。


(ご参考)
SEWS-E社のWebサイト  http://www.sews-e.com/

2010年09月24日 14:08 中国(上海・蘇州)訪問(4)~関係会社訪問


SDM-S社とSZAW社の皆さんと 蘇州・上海出張時に最後に訪問した、蘇州住電装有限公司(略称SDM-S)からも写真が届きましたので、遅ればせながらご紹介します。
同じ敷地内にある蘇州住電汽車電子線業有限公司(略称SZAW)の皆さんも一緒に記念撮影しました。


 両社は、当社の主力事業であるワイヤーハーネス関連の製造会社で、SDM-S社は、6000名の従業員が働く世界トップクラス規模の自動車用・複写機用ワイヤーハーネスの生産会社です。SZAW社は、SDM-S社他のハーネス会社向け自動車用電線を製造する会社です。


 私が行くということもあり、工場内は、本当にきれいに整理整頓が行き届いていました。今回は、駆け足のような形でしたが、皆さんの頑張りは、よくわかりました。これからも、一緒に頑張りましょう

2010年09月21日 15:43 中国(上海・蘇州)訪問(3)~関係会社訪問


SPT社の玄関前で 先週、蘇州訪問時の写真をご紹介しましたが、蘇州よりも先に訪問した上海の住電精密工具(上海)有限公司(略称SPT)を訪問した際の写真が届きましたので、皆さんにご披露します。
 

 中国における切削工具の製造拠点は、上海のSPT社と天津の住電硬質合金(天津)有限公司(略称SCT)の2ヶ所があり、上海ではプリント基板用マイクロドリル及び鋼・鋳物加工用マルチドリルを、そして、天津では精密級刃先交換チップ(イゲタロイ)を、現地需要向けを中心に生産しています。


プリント基板用マイクロドリル刃先交換チップ

 販売に関しては、当社の100%出資により、販売会社「住友電工硬質合金貿易(上海)有限公司」(略称SHMS)を設立し、広州、天津、長春に加え、大連にも支店を開設し、現地に進出している自動車メーカーなどの日系ユーザー及び、現地ローカルユーザーへのサポート体制を強化しています。


 現地密着型の営業活動を展開することで、成長著しい中国における切削工具市場においても、信頼される会社を目指して頑張ってもらいたいと思います。

2010年09月16日 08:42 中国(上海・蘇州)訪問(2)~関係会社訪問


 9月8日の午前と9月10日の、1日半かけて、上海と蘇州の関係会社5社を訪問し、これに加えて2社から業務報告を受けました。時間が足りなくて現地会社の幹部には誠に申し訳ありませんでした。帰途機中で資料を読み返し、工場視察及び業績・問題点の内容は、頭に入った筈ですので安心して下さい。


 写真は、住友電工(蘇州)電子線製品有限公司(略称SESZ)の玄関で、蘇州地区の皆さんに熱烈歓迎で出迎えてもらい、その後、住友電工(蘇州)超效能高分子有限公司(略称SFPZ)を訪問した際に撮影したものです。


SESZ社の玄関前での集合写真SFPZ社の事務所にて


 言うまでもないですが、これからは中国を市場として位置づけ、中国民族会社とはイコールフッティングですので、負けない工夫をして市場拡大に努めて欲しいと。幸いにも、まだ日本企業には技術において一日の長があり、また、少なくとも弊社には海外関係会社280社の経営を世界で繰り広げてきた経営ノウハウもあります。現地調達をはじめ現地化を早急に拡大し、規模拡大、利益増を、時間軸と出口を定量的に明確にして経営を進めて頂きたいと伝えてきました。


 最後に、蘇州地区のグループ会社幹部と日本からの駐在員の皆さんと一緒に撮りました。
まだまだ、暑い日が続きますが、健康に留意し、共に頑張りましょう(加油!)。


住友電気工業(株)社長 松本正義

1944年生まれ、兵庫県出身。
1967年住友電工入社。中部支社長、常務取締役、専務取締役を経て2004年6月社長就任。
趣味はジョギング、読書、絵画鑑賞など。中学時代は野球、高校では柔道、大学では陸上競技のやり投げ選手としてインターカレッジ出場経験もある。

最近のエントリー

本ブログについて

RSSを登録する

本ブログでは更新情報をXMLを利用したコンテンツ配信フォーマット (RSS) でご提供しています。
RSSリーダーやRSS対応のブラウザにご登録ください。

会社案内動画版
住友電工チャンネル