2010年11月29日 10:47 地域交流について


 前回は、スポーツを通じての地域交流でしたが、大阪製作所や伊丹製作所では「緑」を通じた交流にも力を入れています。


 伊丹製作所では、6月に兵庫県から「環境にやさしい事業者賞」を受賞するなど、地域と連携した環境保全活動を推進してきましたが、今年も4年目となる「緑花祭※」を10月に開催しました。
 当日は1300人を超える多くの方々にお越しいただきました。芋掘り大会や、移動動物園などでは賑やかな歓声があがり、また、近隣中学校の吹奏楽部の皆さんによる楽曲演奏や、託児所「SEI伊丹キッズ」の園児による運動会など様々なイベント通じて、地域の皆さんと交流を深めました。
 (※緑と花の祭典という意味で「緑花祭」と称しています。)


鉢植え体験の様子芋掘り大会の様子

 また、11月には大阪製作所が、当社110周年を記念し建設した新研究本館「WinD-Lab」の隣接緑地のバラ園のお披露目を、自治会や地域関係の皆様約100名をお招きして行いました。まだ1年目で育苗中ということもあり、限定しての見学会となりましたが、来年以降は広く一般の方々にも公開していく予定にしています。


 私も、草花は大好きで、機会があれば、買って帰って自宅に飾っています。身近な所に緑があることで、癒される方も多いのではないでしょうか。


 今後も、緑化活動や地域コミュニティ誌の発行、事業所周辺の清掃活動など地域社会との共生を目指し、地域に密着した社会貢献活動に力を入れて取り組んでいまいりたいと思います。

バラバラ園見学会の様子

2010年11月26日 09:22 伊丹市中学生陸上教室


練習風景 今年も、当社と伊丹市陸上競技協会の共催による「伊丹市中学生陸上教室」を来年2月迄の間に4回の予定で開催します。その第1回目が先週末にありました。残念ながら、私は参加できませんでしたが、85名もの中学生の皆さんに参加頂きました。当日は、幸い、秋晴れの好天に恵まれ、講師には甲南大学准教授の伊東先生にお忙しい中お越し頂き、当社の陸上競技部の諸君もお手伝いさせていただいたようです。
 

 ふり返ると、私も学生時代陸上部でやり投げや短距離を得意としていましたが、産業界で活躍されていた大先輩の計らいで、一流のコーチから教わる機会があり、やる気も上がり記録も向上した覚えがありました。この陸上教室は、そうした経験をふまえた、私なりの恩返しの一つとして、地元と協力し2008年から始めました。


 この陸上教室も早いもので、3シーズン目です。過去の参加者のなかには、大きな大会で優秀な成績を修められた方もいらっしゃるとのこと。競技成績の向上に加えて、スポーツを通じて、社会人としての礼儀や、一つの目標に向かい自分なりに努力を繰り返す、そうした生き方を身につけてもらえたら、と思います。また、当社の選手も、中学生の皆さんと接することにより、人に教える喜びを通じて、競技の幅を広げることにつながればいいなと思います。この中学生陸上教室の中から、日本を代表するような選手が出ることを楽しみにしています。
 次回以降、私も、都合がつく限り参加しようと思います。

参加者全員で記念撮影

2010年11月22日 10:49 IR説明会


 中間決算発表後のIR説明会を東京本社で開きました。
 最初に、私から、「2010年上期業績と5つのセグメント別に12VISION達成に向けた下期以降の取り組み」について、ご説明しました。
 当日の資料や説明の様子は、こちらに掲載しています。


パワーポイントを背景に説明中の私 この上期は、1年前と比較すると、国際的な価格競争の激化と円高による影響もありましたが、自動車やエレクトロニクスを中心に世界的な需要の回復と、徹底したSEQCDD(※)体質の強化によるコスト低減に取り組んだ結果、営業損益ベースで、2009年度上期の▲70億円から、今上期は460億円と大幅に回復したことを報告できました。
 12 VISION達成に向けての戦略としては、SEQCDDをはじめとする「内部固めの深耕」を徹底し、「グローバルな新市場への展開」及び「環境など新事業領域への展開」を図り、それぞれ、セグメント毎に、具体的な対策、方向性について、説明させていただきました。


 その後、グループ会社の㈱オートネットワーク技術研究所の千葉社長から、当社の主力事業である「自動車関連の新製品、新技術開発」について、若干、技術的すぎたかもしれませんが、精一杯PRをさせて頂きました。
 今後、自動車関連市場のトレンドは、環境対応、小型・低価格車シフト、情報化対応に向かうものと推測しますが、この変化をビジネス拡大の好機ととらえ、経営資源を集中し、当社グループがこれまで開発・蓄積してきた、材料技術、電子技術、ソフトウェア技術、そして、モノづくり力等の総合力を発揮した研究開発を加速する所存です。


会場風景 ご出席頂いた機関投資家の皆さんからたくさんのご質問を頂き、私をはじめ出席していた、各役員からお答えすることで、コミュニケーションも深まったのではないかと思います。12 VISIONの旗に向かって、今後も、グループの総力を挙げて、継続して取り組んで参りますので、皆様、何卒、あたたかいご支援をよろしくお願いします。


(※)S:安全、E:環境、Q:品質、C:コスト、D:物流・納期、D:研究開発

2010年11月15日 10:03 こころの玉手箱


 先週、日経新聞の夕刊「こころの玉手箱」に私の記事が連載されました。
皆さんの中にも、ご覧になって頂いた方もおられるのではないでしょうか。


 5つのテーマは、【1】大学時代に都留先生から頂いた純銀の「都留部長杯」、【2】ロンドン・ドルセットスクウェアで育つ友情の証「もみの木」、【3】中国の友人からもらった自分そっくりの「天津泥人形」、【4】会社の執務室に掲げるモンタギュー・ドーソン作の帆船の絵「THE NORTH AMERICA」、【5】トーマス・カーライルの著作本「PAST AND PRESENT」に関わるもので、それぞれ、思い入れのあることを紹介させていただきました。


 残念ながら、寄稿文をそのままブログで紹介することはできませんが、主な内容は、このブログやメディアの方とのインタビュー等を通じて、これまで紹介してきたことが主になっています。


【1】2007年10月05日 産経新聞「関西人国記」その1
【3】2008年10月28日 中国の古都・杭州と西湖
  2009年09月10日 中国からのうれしい贈り物
【4】2008年02月19日 美術鑑賞の楽しみ(2)
【5】2009年09月14日 「今、日本に問われていること」


 ご先祖様や漢詩の話など、最初はちょっと恥ずかしいなと思っていましたが、読んだ皆さんからは、面白かったと声をかけてもらい、今は、胸をなでおろしているところです。


 今後も、折に触れ、皆さんに話題提供をしていきますので、ご期待願います。

2010年11月08日 09:00 安全・環境・品質・事務品質活動、中間報告会


 先日、安全・環境・品質・事務品質活動の上期実績と下期の重点課題を全社で共有化するため報告会を開催し、出席しました。今回も、その中からとトピックスをご紹介したいと思います。


 安全活動では、新人教育の一環として作業標準理解度テストの導入や異常発生時の「止める、呼ぶ、待つ」の意識付け訓練、また、グローバル化に対応し海外拠点の安全巡視について報告がありました。安全は、一人ひとりの心の持ち方、体の調子、健康管理が大きく影響をします。私も毎朝、ラジオ体操をするよう心掛けています。仕事を始める前に、心と体の調子を整え、仕事に臨む、そうした姿勢が大切だと再認識しました。


大会風景 環境活動では、省エネ、省資源やリサイクル活動の進捗状況について報告があり、優秀部門・個人を表彰しました。エコ製品(※1)では、大幅に高機能軽量化したワイヤーハーネス部品や、化合物半導体製造過程で得たノウハウを生かしたアンモニアガス分解除害装置の紹介がありました。また、個人の環境意識の向上を目指したエコライフ活動では、参加家族数も6787家族と徐々に拡大、CO2換算で1人1日1㎏以上削減を達成したご家族もありました。
 環境に優しい生産、徹底的にムダを排除した生産を目指して、各部門とも目標達成に向けて頑張って欲しいと思います。


事務品質大会で報告してくれた広報部員と一緒に モノづくりの基盤を支える品質と事務品質活動は、車の両輪のようなもの。
各部門から創意工夫した活動の紹介がありました。お客様の要求に応じ製品の高度化、プロセスの複雑化が進みますが、品質向上には、全員が地道な改善活動を積み重ね、その定着を図ることが大切です。また、管理監督者は、設備を含めた職場環境の思い切った改善を計画的に進めることも大事です。
 報告会後、関係者の慰労とコミュニケーション促進のため懇親会を開催しました。


 昨年来、全社を挙げてSEQCDD・モノづくり力向上に注力したことが、市場の回復とともに、上半期の好業績につながりました。下期は、巷で生産縮小など気になる話が出ていますが、これまでの経験を活かし、いい成果を出せるよう「気合いを入れて取り組もう!」と全員に号令をかけました。


(※1)ISO14021に基づく社内基準をクリアした製品で、現在45製品あります。

住友電気工業(株)社長 松本正義

1944年生まれ、兵庫県出身。
1967年住友電工入社。中部支社長、常務取締役、専務取締役を経て2004年6月社長就任。
趣味はジョギング、読書、絵画鑑賞など。中学時代は野球、高校では柔道、大学では陸上競技のやり投げ選手としてインターカレッジ出場経験もある。

最近のエントリー

最近のコメント

本ブログについて

RSSを登録する

本ブログでは更新情報をXMLを利用したコンテンツ配信フォーマット (RSS) でご提供しています。
RSSリーダーやRSS対応のブラウザにご登録ください。

会社案内動画版
住友電工チャンネル