2013年07月23日 17:15 困った時こそ知恵が出る~「G活発表・改善活動表彰大会」に出席して


 18日午後には、伊丹製作所で、当社グループの「G活発表・改善活動表彰大会」がありました。「G活」というのは「グループ活動」、いわゆる小集団による改善活動のことです。

 大会では、各部門の優秀な取り組み事例6件の発表を聴きました。発表者はベテランから若手までさまざまでしたが、どの発表にも、これらの活動に半世紀以上取り組んできた当社の伝統のようなものが感じられました。

 難しい課題に直面すると、寝ても覚めてもそのことが頭から離れないことがあります。しかし、悩みながらも、逃げることなく、先入観を排して事実をしっかり見て、解決に向けて全力で取り組んでいると、ふと「アイディアが降りてくる」ことがあります。6名の発表者もきっとそんな経験をしたのではないでしょうか。

 むかし、ある時、亀井正夫元社長が私に向かって「なあ、松本君、困った時にこそ知恵が出るものだよ。」とおっしゃったことがありますが、当社グループの製造現場にも、そんなDNAが脈々と受け継がれていることが感じられ、とても心強く感じました。

社長賞受賞のメンバーと

2013年07月18日 14:30 北米主管者会議に出席して


 メキシコを含め北米には、37社の関係会社があり、年1回各社の責任者が一堂に会し経営の諸問題を報告し、自由討議を通じてお互いに意見、アドバイスを交換する主管者会議を開催しています。
 幹事は持ち回りとし、今回はノースカロライナ州に本社を置く、焼結部品の製造販売会社ESC(*)が幹事社となり、42名の社長、副社長が出席し、自由闊達な会議となりました。

発言する私 発表・討議ともに100%英語が原則で、会を重ねる毎に発表内容、意見交換の質があがってきたと感じています。ただ、発表時間が予定を超過するのが常となっており、司会者も心得て、ベルを鳴らして時間厳守を要請しています。

 本格的とは言えないまでも、北米の景気も上向いていることは確かで、各社の報告も力強いものとなっていました。私も主管者の面々に、本年4月から開始した17VISIONの内容を説明し、目標達成(売上高3兆円、営業利益1800億円)への努力をお願いしました。
 懇親会も大いに盛り上がり、この会議が北米全体の一体感を強固なものとしています。
 また、現地の優秀な社員が主管者として育ってきており、質量ともに着実に現地化が進んでいることを確認しました。

説明


*ESC:Engineered Sintered Components Company

2013年07月03日 16:15 フォルクスワーゲン グループ アワード2013に出席して


去る6月20日に、ドイツのドレスデンにて開催された大会に参加しました。今回、フォルクスワーゲンとしては全世界レベルで大会を開催されるのは初めてであり、世界の優秀サプライヤー約150社が招待されました。

VWグループトップから会社方針の説明を頂き、その後、最優秀サプライヤー20社が表彰されましたが、幸運にも弊社はグローバル貢献賞の栄に浴し、表彰状と立派なトロフィーを頂戴いたしました。

受賞者の皆さんと

壇上でVWグループトップからのねぎらいの言葉を伺いながら、過去さまざまな困難な出来事を克服してきたことが走馬燈の如く頭をめぐりました。住友電装(株)と弊社チームの情熱と努力がよく実ったものだと、駐在員、現地社員の皆さん、日本の後方部隊の面々に、心から感謝した次第です。

 今回の受賞を励みとして、更に一歩一歩着実に事業を進めていかねばならないと決意した次第です。

VWグループのヴィンターコーン社長(右)、ガルシア購買担当副社長(左)と

住友電気工業(株)社長 松本正義

1944年生まれ、兵庫県出身。
1967年住友電工入社。中部支社長、常務取締役、専務取締役を経て2004年6月社長就任。
趣味はジョギング、読書、絵画鑑賞など。中学時代は野球、高校では柔道、大学では陸上競技のやり投げ選手としてインターカレッジ出場経験もある。

最近のエントリー

最近のコメント

本ブログについて

RSSを登録する

本ブログでは更新情報をXMLを利用したコンテンツ配信フォーマット (RSS) でご提供しています。
RSSリーダーやRSS対応のブラウザにご登録ください。

会社案内動画版
住友電工チャンネル