2015年12月28日 13:40 経営幹部研修の最終報告会(2)

 経営幹部研修は執行役員・部長クラスを対象とした研修です。研修が始まった当初の受講者は日本人男性ばかりでしたが、最近は変わりつつあります。

 本年度も、先の記事で紹介した「海外チーム」以外にも、部長・課長クラスの男女国籍混合チーム「次世代班」を編成し、「ダイバーシティを活かした組織パフォーマンス向上」というテーマで社内外の実情を調査し、今後に向けて提言してもらいました。

経営幹部研修の最終報告会(2)

 「ダイバーシティ(多様性)を推進すべし」というのは、私が常々社内に呼びかけてきた最重点事項の一つですが、「次世代班」による実情調査では、残念ながらまだ十分浸透していない、とのこと。これを受けて、「部門のトップは、あるべき姿を語れ」「中間管理職は、部下と対話せよ」等の提言がありました。字にしますとごく当たり前の内容になってしまいますが、いまだにこのような基本的な事柄が指摘されるところに、組織のカルチャーを変えることの難しさを痛感いたしました。

古来、文化の交わる場所に新しい文化が生まれ、繁栄してきました。これはビジネスでも言えることで、多様性を実現し、理解し活用すること(インクルージョン)によってイノベーションも生まれます。当社グループが、今後、グローバル規模での競争に勝っていけるかどうかは、組織の中でインクルージョンをいかに早く実現できるかにかかっております。
私たちの本気度が問われます。

* * *

本年は、たぶんこれが最後の投稿になると思います。今年も、皆様には種々ご支援ご協力賜りましてありがとうございました。皆様および皆様のご家族が、より良い年を迎えられますことをお祈り申し上げます。

2015年12月24日 09:30 経営幹部研修の最終報告会

 12月11、12日に、今年度の経営幹部研修の最終報告会に出席しました。
 11年目の今回も、海外からの受講者を含め55名が9つの班に分かれ、新しい事業領域への取り組みから働き方変革まで、さまざまな経営課題について知恵を絞って提言をしてくれました。

特に、海外チームは、香港、タイ、フィリピン、インドネシアの多国籍チームであったため、準備も大変だったようですが、将来のグローバルリーダー育成の仕組みについて、現地の生の声も反映した迫力あるプレゼンを聞かせてくれました。そのほかの班の提言も(内容はご紹介できませんが)、いずれも半年近くかけてじっくり調査、議論されたものであり、密度の濃い内容であったと思います。

今回の提言を今後どう料理し、どう消化していくのか。各提言の具体化を担当する部門には、期待するところ大であります。

  • 経営幹部研修の最終報告会
  • 経営幹部研修の最終報告会

2015年12月22日 13:50 百聞は一見に如かず

 当社グループは、国内外にたくさんの事業所がありますが、スケジュールが許す限り見に行くようにしています。

大阪製作所の事務所ビルに飾られていた<br>クリスマスツリーです。
大阪製作所の事務所ビルに飾られていたクリスマスツリーです。

 12月の前半も、先の記事に書いた中国出張以外に、伊丹製作所にある研究部門、住電ファインコンダクタ(大阪市)、電線・機材・エネルギー事業本部(大阪製作所)、住友電装(三重・四日市)などに行きました。

 工場を回りますと、本社の執務室で報告を受けているだけではわからないことが見えてくることがしばしばあります。社員の表情や職場の活気を見れば、その部門の状況がおおまかには掴める、といってもあながち言い過ぎではないでしょう。「百聞は一見に如かず」です。定量的な情報に、定性的な情報も組み合わせ、状況を多面的に分析・理解することで、見通しの良いマネジメントにつなげることができるのではないかと思います。

2015年12月21日 16:25 中華圏主管者会議に参加して

 12月14、15日の両日に亘り古都・蘇州にて開催された「第1回 住友電工グループ 中華圏主管者会議」に行ってまいりました。会議には、現地法人の責任者、ナショナルスタッフ幹部など100名強が一堂に会し、各社からの報告、共通課題の討議、現地工場の視察などを行いました。盛りだくさんのスケジュールでしたが、約60社の成長が確認できる有意義な機会となりました。

中華圏主管者会議に参加して

 懇親会も、個々のビジネスの状況から中国の政治、経済、社会まで幅広い話題で盛り上がり、現地での会話ならではの内容で教えられることも多々ありました。余談ではありますが、PM2.5による大気汚染が心配でマスク、うがい薬を用意していきましたが、何とか使わずに済みました。

中華圏主管者会議に参加して

 次回会議は、来年、広東省恵州市にて開催することも決めました。中国全土に拡がっている弊社グループの幹部同士の絆を強くし、ネットワークの拡大強化に資するイベントとして、大切に運営していきたいと思っております。

事務局のみなさんは大変ご苦労様でした。この場を借りて御礼申し上げます。

住友電気工業(株)社長 松本正義

1944年生まれ、兵庫県出身。
1967年住友電工入社。中部支社長、常務取締役、専務取締役を経て2004年6月社長就任。
趣味はジョギング、読書、絵画鑑賞など。中学時代は野球、高校では柔道、大学では陸上競技のやり投げ選手としてインターカレッジ出場経験もある。

最近のエントリー

最近のコメント

本ブログについて

RSSを登録する

本ブログでは更新情報をXMLを利用したコンテンツ配信フォーマット (RSS) でご提供しています。
RSSリーダーやRSS対応のブラウザにご登録ください。

会社案内動画版
住友電工チャンネル