2017年03月15日 13:30 第72回 びわ湖毎日マラソン

当社が特別協賛しているびわ湖毎日マラソン大会が3月5日に開催され、私も皇子山陸上競技場に駆けつけました。72回を重ねる今大会は、8月にロンドンで開かれる世界陸上競技選手権大会の代表選手選考を兼ねたレースで、注目も高かったようです。

今年は、当社出場選手が居なかったため会社の応援団は結成せず、些か寂しいものとなりましたが、当日は天候にも恵まれ、競技場には大勢のマラソンファンが集い、大変盛り上がっていました。

スタートのようす
スタートのようす

スタート時は、気温12℃程で風も少なく、良いコンディションでした。ご承知の方も多いと思いますが、レース序盤は比較的早いペースで展開、このままいけば...と好タイムへの期待も高まりましたが、日本人選手は一人また一人と先頭集団から脱落。
ケニアのチェビー選手が、競技場でのスパートで見事優勝を勝ち取りました。一方、日本人選手1位は、全体の4位でタイムも2時間10分台と、大変厳しい結果となりました。

仕事にも言えることですが、限られた期間のなかで結果を出すためには、出口(具体的な目標や方法)と時間軸(達成までのスケジュール)を明確にしたうえで取り組むことが重要です。
東京オリンピックまであと3年余り。世界との差は決して小さくないですが、選手の皆さんには、ぜひ頑張っていただきたいと思います。

チェビー選手に月桂冠を授与(写真提供:毎日新聞社)
チェビー選手に月桂冠を授与(写真提供:毎日新聞社)

2017年03月13日 11:00 住友電工グループ社会貢献基金「贈呈式・交流会」に出席しました

先日、私が代表理事を務める公益財団法人住友電工グループ社会貢献基金が、寄付・助成を行う研究者をお招きして『贈呈式・交流会』を開催、出席しました。

出席者の皆さんと
出席者の皆さんと

2009年に設立した当基金は、当社グループの社会貢献基本理念に則り、「人材の尊重」「技術の重視」「よりよい社会・環境づくり」をテーマに、「大学講座寄付」「学術研究助成」による学術振興と、「奨学金支給」による人材育成などの事業を行っています。
今年度は、「大学講座寄付」では、新たに2件を採択し、継続6件と合せて合計8件の講座寄付を、また、「学術研究助成」では、168件の応募から31件の研究への助成を決定しました。

贈呈式のようす
贈呈式のようす

贈呈式では、5名の研究者の方から研究内容をご報告いただき、その後の交流会でもお話を伺いましたが、いずれも社会的意義の大きい、興味深いものでした。
ノーベル賞級の革新的な科学技術は、必ずしも大きなプロジェクトから誕生するわけではなく、むしろ自由な発想からスタートした小さな地道な研究がきっかけとなっているように思います。サポートを決定した研究活動が、科学技術の進歩、技術立国である日本の産業技術の発展につながることを大いに期待します。

また、多数の応募を、お盆休み返上で熱意をもって選考いただいた選考委員の皆様には、この場をお借りして、心からお礼を申し上げます。

2017年03月06日 10:00 陸上部合宿を視察しました

先日、沖縄県那覇市への出張に合わせて、宮古島で合宿中の当社陸上競技部を激励してきました。宮古島での合宿は、今回初の試みで、本年4月入社予定の新人選手も参加するなど、スタッフを含め総勢10人という陣容で臨みました。

合宿中は雨天の日が多く、私が行った日も曇天でしたが、さすがは宮古島で、選手は半袖姿で、それぞれのトレーニングに精を出していました。練習後の食事会では、選手一人ひとりから今後の競技に対する意気込みを聞くことができました。

合宿メンバーと
合宿メンバーと

今年のお正月は残念ながら、ニューイヤー駅伝の出場を逃し、皆、悔しい思いをしました。是非その悔しさもバネにして、トレーニングに励んで頂きたいと思います。

今年は、6月に当社の地元である大阪で日本選手権が、そして8月にはロンドンで世界陸上が開催されます。大舞台での活躍を期して、選手スタッフに発破をかけてきました。

2017年03月03日 11:00 米国出張

先日、1泊2日の強行日程で米国カリフォルニア州に出張しました。その際、当地にあるグループ会社の駐在員と懇親する機会がありました。

トランプ新政権が発足して約一か月。今後の国際政治や経済がどうなるのか、まだ不透明な状況がつづくなか、当社グループとしてどのように対処し、ビジネスを展開していくべきかについて、駐在員の皆さんと熱く語り合いました。

駐在員とともに
駐在員とともに

帰国日の土曜日午前、予約便までの時間を利用してサンフランシスコ市街を散策。立ち寄ったホテルに、わたしもお気に入りの大ヒット曲「I left my heart in San Francisco(霧のサンフランシスコ)」を歌ったトニー・ベネットの像をみつけました。

このホテルはトニー・ベネットの初演の場所、かつ昨年もコンサートを実施したことを記念して銅像が建立されたとのことでした。同曲の楽譜もあり、しばしその調べに思いをはせ、心和むひと時となりました。

  • トニー・ベネット像の前で
    トニー・ベネット像の前で
  • 「I left my heart in San Francisco」の楽譜
    「I left my heart in San Francisco」の楽譜

住友電気工業(株)社長 松本正義

1944年生まれ、兵庫県出身。
1967年住友電工入社。中部支社長、常務取締役、専務取締役を経て2004年6月社長就任。
趣味はジョギング、読書、絵画鑑賞など。中学時代は野球、高校では柔道、大学では陸上競技のやり投げ選手としてインターカレッジ出場経験もある。

最近のエントリー

最近のコメント

本ブログについて

RSSを登録する

本ブログでは更新情報をXMLを利用したコンテンツ配信フォーマット (RSS) でご提供しています。
RSSリーダーやRSS対応のブラウザにご登録ください。

会社案内動画版
住友電工チャンネル