ホーム > 製品情報 > メガソーラー用ストリング監視システム

メガソーラー用ストリング監視システム

エネルギー環境・エコロジーインフラ整備
ストリング監視端末と電流センサ
ストリング監視端末と電流センサ
データ収集装置とカップリングユニット
データ収集装置とカップリングユニット

従来、メガソーラー発電システムはメンテナンスが不要と言われていましたが、最近では高確率で発電ロスにつながるトラブルが発生することが明らかになっています。当社のストリング監視システムは、正常に太陽光発電パネルが動作しているかをストリングごとに監視し、異常を検出します。

製品の特長

① 通信線が不要なので、導入が簡単で低コスト

当社独自のPLC(Power Line Communication)通信技術を採用し、DC電源線でストリングデータの伝送を行うため、通信線が不要です。

① ノイズや雷サージに強く、信頼性の高い安心なシステム

当社が長年培ってきたPLC技術のノウハウにより、ノイズや雷サージに強く、信頼性の高いシステムをご提供できます。

① 既設メガソーラーへの容易な後付け

クランプ型電流センサの採用とコンパクトサイズの実現により、新設だけでなく、既存のメガソーラー発電システムにも簡単に導入できます。なお、フィールドテストも容易に実施できます。

製品の用途

ストリング電流・電圧の収集はPCSごとに行います。1MWの場合のシステム構成・使用例は以下の通りです。

  1. ストリングごとに電流センサを取り付け。
  2. 検出した電流値・電圧値(一括)を接続箱内のストリング監視端末に取り込み、DC電源線を介してデータ送信。
  3. PCS周辺に配置したデータ収集装置でデータを収集し、インターネット、Modbusなどを経由してデータを上位系監視システムに送信。
メガソーラー用ストリング監視システム
さらに詳しく!
メガソーラー用ストリング監視システムについては、以下のWebサイトにて詳しくご紹介しております。
Modbusは、 SCHNEIDER ELECTRIC USA, INC の米国及びその他の国の商標又は登録商標です。
関連リンク
ページの先頭へ