ホーム > 技術開発 > 研究開発体制 > 自動車新領域研究開発センター

自動車新領域研究開発センター

住友電工が培ってきた材料技術、情報通信技術などを活用しつつ、次世代の自動車に求められる環境、安全・安心性能の向上に貢献する新技術、新製品を車両視点から開発しています。

安全・安心

運転支援システムなど、クルマの情報化がさらに進展していく時代に向けて、セキュリティーを含めた車車間/路車間通信や車内の高速通信ネットワークの開発に取り組んでいます。

環境

自動車の電動化に必要なDCDCコンバータ等の電圧変換技術、蓄電素子の制御技術等の開発を通じて、燃費向上、CO2削減への貢献を目指します。

ユニットのモデル化による車両のエネルギー消費シュミレーション
ユニットのモデル化による車両のエネルギー消費シュミレーション
電源制御システム
高効率電圧変換技術、高放熱技術、電池状態推定技術
ページの先頭へ