ホーム > 技術開発 > 研究開発体制 > 情報ネットワーク研究開発センター

情報ネットワーク研究開発センター

情報ネットワーク研究開発センターでは、高速ブロードバンド通信を支える光アクセスと5G無線に関する技術を開発すると共に、無線技術を活用して交通インフラ用ミリ波レーダや車載用ミリ波レーダアンテナ基板の開発に取り組んでいます。

また、プローブ情報を使った交通管制技術、自動走行支援技術、プローブ情報などのビッグデータをよりリアルタイムに活用できるようにするためのサーバ技術など、モビリティシステムの研究開発を行っています。

高速光アクセス

当社の光部品とシステムの技術を結集し、10Gbpsの超高速アクセスを実現する10G-EPON*の技術開発に取り組んでいます。現在普及している1Gbpsの分岐型光ファイバ網に10G-EPONを共存させ、経済的に経済的に通信速度を10倍高速化できます。

* G-EPON:
Gigabit Ethernet Passive Optical Network
高速光アクセス

5G無線

2020年頃に導入が見込まれる第5世代移動通信システム(5G)は、超高速・低遅延・高信頼性・超多数接続を特長として、従来のスマートフォンだけではなく、全てのものが繋がるIoTの世界を実現します。

当センターが所有する高周波増幅器の高効率化技術、アンテナ技術、および信号処理技術を基礎として、5Gモバイルインフラ市場やコネクテッドカー市場を対象に、無線機器や無線モジュールの開発に取り組んでいます。

5G無線

ミリ波レーダ

近年、急速に導入に向けた開発が進められている自動走行を実現するためには、高性能なセンサが不可欠で、ミリ波レーダのニーズが高まっています。
当センターでは、これまで培った無線技術を活用して、無線センサ市場向けに、走行車両の位置と速度を検出し車両に情報提供する交通インフラ用ミリ波レーダの開発と、車載用ミリ波レーダアンテナ基板の開発を行っています。

ミリ波レーダ

交通管制 / テレマティクス技術

安全・安心で地球環境に優しい交通社会の実現を目指し、テレマティクス技術の研究開発を進めています。
車の位置・速度などのプローブ情報を活用した信号制御等の交通管制高度化技術、プローブ情報を人工知能技術で処理し車に数キロ先の先読み情報などの提供を行う自動走行支援技術、さらにドライバの傾向・意向・状態を考慮した最適経路探索技術等、自動走行時代に向けたモビリティシステムの開発を行っています。

交通管制 / テレマティクス技術

サーバ技術

IoTが製造プロセス・モビリティ・エネルギー・インフラ等の分野で本格化するに伴って、データ分析技術や、増大する大量データの高速処理、リアルタイム応答性が要求されてきています。
当センターでは、このような課題を解決し、当社の様々な事業領域の製品・サービスの高度化に向けて、ビッグデータ分析技術、及び、クラウド・エッジコンピューティング、仮想化等のネットワークシステム構築技術を応用する研究に取り組んでいます。

サーバ技術

超高精細映像技術

8K超高精細映像技術は、2020年の普及に向けたテレビ放送に加え、医療・防災等への幅広い応用が期待されていますが、容量が大きく、その伝送が課題です。
当センターでは、8Kの大容量映像信号の圧縮伸張・伝送に係る技術、およびその応用技術の開発に、高信頼性と経済性の両立を視野に取り組んでいます。

超高精細映像技術
ページの先頭へ