ホーム > 技術開発 > 研究開発体制 > パワーシステム研究開発センター

パワーシステム研究開発センター

パワーシステム研究開発センターは、電力インフラ分野の技術変革(再生可能エネルギー活用拡大、情報通信技術を用いた電力インフラの高度化)に対応した事業開発を行うために設立されました。具体的には、スマートグリッド(次世代電力網)の構築に必要不可欠な要素技術・製品・機器・システムの研究開発を推進しています。

レドックスフロー電池

再生可能エネルギー発電を利用する電力系統では、その発電量の変動に応じて電力を貯蔵・放出する蓄電池の役割が特に重要になります。レドックスフロー電池は、不規則で変動の激しい充放電運転に適し、貯蔵電力量の正確な監視・制御が可能なことから、太陽光や風力などの再生可能エネルギーの有効活用を目指すスマートグリッドに最適な蓄電池と考えています。市場投入実績を持つレドックスフロー電池について、本格的な実用化を目指し、製品開発を進めています。

レドックスフロー電池

パワーコンディショナ、POWER DEPO®II 蓄電システム

(図左)パワーコンディショナは、発電した直流電力を交流電力に変換する装置。電圧調整機能や通信機能を付加し、発電量の変動など自然まかせのエネルギーの問題点をカバーします。
(図右)POWER DEPO®II蓄電システムです。

パワーコンディショナ、POWER DEPO®II 蓄電システム

薄膜超電導線

世界で初めて開発した低コスト低磁性高強度配向金属基板上に高温超電導薄膜を形成しました。-196℃の液体窒素温度において、200A以上の電流を流すことができます(線材サイズ:幅4mm、厚さ150μm)。超電導ケーブルや超電導電磁石、NMR(核磁気共鳴)装置、MRI(磁気共鳴画像)装置等への応用が期待されています。

薄膜超電導線

集光型太陽光発電装置

集光型太陽光発電装置(CPV)は、発電素子に特殊な化合物半導体材料を用いていることから、発電効率が市販のシリコンパネルに比べて約2倍であり、また集光パネルを地面から高い位置に設置する構造であり、パネル下のスペースも活用できるなど、次世代の太陽光発電装置として期待されています。当社が開発したCPVでは、従来のCPVに比べ、パネルの薄型化・軽量化を実現しています。

集光型太陽光発電装置

新エネルギーシステム

新エネルギーシステム・アーキテクチャ(sEMSA®)により、普及の進む太陽光発電やコジェネ、蓄電池などの分散電源を最適制御し、電力コスト低減を実現します。また、アグリゲータ向けに需要家を束ねてエネルギー資源を一元管理し、デマンドレスポンスなどで需要電力を調整することで、電力系統の安定化を図り、対価を得るシステムを構築することができます。

新エネルギーシステム

電力通信システム

電力線通信(PLC)や無線通信技術を応用し、スマートメータ用通信モジュールやメガソーラー用ストリング監視システムなどの開発を行っています。ストリング監視システムは、発電電力を測定するための電流や電圧センサーによるセンシング部、およびセンサーデータを伝送するPLC通信部を備えています。電力線を活用することで、新たな通信線や装置に必要な電源線の布設が不要となり、低コストで信頼性の高いシステムが構築できます。今後もIoTを活用したシステムの開発を進めます。

電力通信システム
ページの先頭へ