チーム紹介

陸上競技部のご紹介

 当社陸上競技部は、1928年(昭和3年)に住友倶楽部対抗戦(住友グループ各社による運動大会:1972年で廃止)に参加するため、本社に勤務する選手中心に住友電工チームを立ち上げたことに始まります。その後、1947年(昭和22年)より開催されるようになった当社製作所対抗の「社長杯大会」(1993年まで実施)の優勝をめざし、各製作所単位に選手が集い切磋琢磨してきました。

 実業団大会へは第1回より大阪製作所勤務者中心のチーム構成で参加、1987年の第31回関西実業団対抗戦に伊丹製作所チーム(伊丹チーム)が単独初参加して以来、関西連盟には大阪製作所チーム(大阪チーム)と伊丹製作所チーム(伊丹チーム)が、東日本連盟には横浜製作所チーム(横浜チーム)がそれぞれ分かれて活動を行ってきました。

 その中でも伊丹チームは関西実業団初参加から10年目に総合優勝を果たし、その後7連覇(1996年~2002 年)を達成するなど躍進し住友電工を代表する陸上部として発展しています。伊丹チーム7連覇の後、関西連盟では「チーム対抗戦」を廃止しているため実力を客観的には評価できませんが、短距離から長距離まで含めた選手の総合力は今なお高いと自負しています。

集合写真

Page Top