世界に羽ばたき、世界のトップで戦える選手の育成
〜住友電工 陸上競技部に小池祐貴選手、多田修平選手らが入社〜

(左から)住友電工会長 松本正義、小池祐貴選手、多田修平選手、永田駿斗選手、監督 渡辺康幸
(左から)住友電工会長 松本正義、小池祐貴選手、多田修平選手、永田駿斗選手、監督 渡辺康幸

住友電工は、「世界に羽ばたき、世界のトップで戦える選手を育成する」ことを目標に掲げ、陸上競技のアスリート支援に取り組んでいます。このたび、当社に2018年アジア競技大会200m金メダリストの小池祐貴選手、同大会4×100mリレー金メダリストの多田修平選手をはじめ、将来ますますの活躍が期待される5名の短距離・長距離選手の入社が決まり、2018年12月に入社会見を実施しました*。会見では、会長の松本から「2020年の東京オリンピックで活躍し日本国民を湧き立たせる、世界に通用するアスリートになってほしい」との期待を述べ、各選手からは、世界を目指した今後の熱い決意を表明いただきました。住友電工は、スポーツ支援活動を通じて、日本の陸上競技の盛り上がりや、地域社会の発展に貢献していきたいと考えています。当社の陸上競技部の今後の活躍をご期待いただくとともに、温かいご声援をよろしくお願いいたします。

* 小池選手は2018年12月1日入社、他4名は2019年4月入社予定

坂口裕之選手
坂口裕之選手
永山博基選手
永山博基選手
氏名 小池 祐貴
(こいけ ゆうき)
多田 修平
(ただ しゅうへい)
永田 駿斗
(ながた しゅんと)
坂口 裕之
(さかぐち ひろゆき)
永山 博基
(ながやま ひろき)
競技種目 短距離 短距離 短距離 長距離 長距離
意気込み 結果にこだわり、世界のトップと対等に戦えるよう力を高めていきます! 育ってきた関西を背負い、世界で活躍できる選手になります! 目標となる強い先輩やライバルとの差を縮め、世界の舞台でメダルの獲得を目指します! 世界選手権、オリンピックで外国人選手と対等に戦える力をつけるために、日々精進します! 努力を惜しまず、自分の可能性にチャレンジします。世界で勝負することが目標です!

当社陸上競技部の活動状況は、Web サイトやTwitter でも配信しています。
ぜひ、応援よろしくお願いします。