住友電工の1枚──あの日、あの時

1970 大阪万博

「日本万国博覧会」で当社製品が活躍

1970年、日本中を興奮の渦に巻き込んだ我が国初の国際博覧会、「日本万国博覧会」が大阪で開催されました。自動車館の目玉である住友電工の「交通ゲーム」は、来館者が実際に参加して楽しめる、会場では珍しいタイプの展示でした。ゲームは、円形広場に作られた碁盤目状の走路上をカラフルなミニカーが走り回り、約2分間の制限時間内に向かい側の基地に入り、そして元の基地へ戻る横断を連続して3回成功すると、記念品がもらえるというものでした。25万人の参加者中、成功率はわずか3%。当時の皇太子殿下をはじめとして5度も皇族のご視察がありました。それ以外にも当社の電力ケーブルやスチールコード(動く歩道に使用)が大阪万博で使用されました。動く歩道は、万博開催後、全国に普及していったと言われています。

あれから半世紀余り。2025年に「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに大阪・関西で万博が再び開催されます。今回も、万博から新しい技術や商品が生まれ、生活が便利になる「きっかけ」となることでしょう。