ホーム > 技術開発 > 研究開発体制 > 自動車新領域研究開発センター

自動車新領域研究開発センター

住友電工が培ってきた材料技術、情報通信技術を活用して、次世代の自動車に求められるコネクティッド技術やEV技術を開発し、自動車事業に貢献しています。

サイバーフィジカルデザイン

車両シミュレーション技術と実車評価技術(横浜テストベッド)を活用し、カーメーカ・ユーザから見た車両のもつ嬉しさを明確化し、顧客へのコンセプトイン活動に貢献します。

コネクティッド

自動運転・運転支援システムに対応するために、セキュリティーを含めた車車間/路車間通信や車内の高速通信ネットワークの研究開発に取り組んでいます。また、無線通信の高周波化に対応した部品や材料の研究開発にも取り組んでいます。

電動化

自動車の電動化に必要な充電機能、バッテリーの有効活用、DCDCコンバータ等の電力変換技術、高効率モータ用平角巻線等を幅広く手がけ、車とインフラの連携を通じて、燃費(電費)の向上、CO2削減を目指したシステム開発に取り組んでいます。

ページの先頭へ