ホーム > CSR > 情報開示

情報開示

情報開示

企業の透明性や説明責任が求められるなかで、ステークホルダーの皆さまに対するタイムリーかつ正確な情報開示の重要性がより一層増していくとともに、企業における情報開示や情報発信の姿勢やその内容が、企業ブランド価値の構築に大きな影響を及ぼすようになっているものと認識しています。情報開示に関しては、「住友電工グループ企業行動憲章」の第10条で「各ステークホルダーに対して企業情報を適切に開示すること」「広報、広聴活動等を通じて社会とのコミュニケーションの促進に努めること」の2点を掲げ、「適切な情報開示とコミュニケーションの促進」の重要性を謳っており、これに基づき、2006年9月に当社グループの情報開示における基本姿勢・方針を定めた「ディスクロージャーポリシー」を制定し、公表しました。

住友電工グループ ディスクロージャーポリシー
  1. 重要情報の適時、適切な開示
    当社グループは、重要情報の開示[※]について、金融商品取引法その他の関係法令及び当社の有価証券が上場されている証券取引所が定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下、適時開示規則)を遵守し、顧客、株主、投資家等の方々に対して、適時、適切な情報開示に努めます。

    ※重要情報とは、金融商品取引法その他の関係法令により開示が必要とされる会社情報、及び適時開示規則に定められている適時開示を要する会社情報をいいます。

  2. 自主的な情報開示
    当社グループは、重要情報に該当しない情報についても、顧客、株主、投資家等の方々に当社グループへのご理解を深めて頂けるよう、自主的な会社情報の開示を推進します。
  3. 公平な情報開示
    当社グループは、関係法令及び適時開示規則等を遵守するとともに、報道機関へのプレスリリース、当社ウェブサイト、刊行物等を通して、公平な情報開示に努めます。
  4. 社内体制の整備
    当社グループでは、本ポリシーに則り会社情報の開示を実施していくために、社内体制の整備・充実に努めます。

マスコミ等を通じた情報発信の強化

当社では2006年4月に、当社グループにおける情報開示体制の整備、強化および企業ブランド構築のために必要な施策を推進する全社横断的な組織として広報委員会を設けました。広報委員会では、会社情報の開示に関する審議、また会社情報の開示に関する規定の整備とグループ内への教育・啓発のための施策、ならびに企業ブランド価値向上のための施策の立案等を行っています。また、当社グループ内に対し、情報開示に関する教育・周知等を進める等、当社グループとしての情報開示体制の強化にも努めています。

※当社のプレスリリース一覧につきましては「プレスリリース」をご覧下さい。

株主、投資家への情報発信

決算説明会
決算説明会

当社では、「正確な情報を、適時かつ公平に市場参加者に伝え、資本市場において当社の企業価値に関する適正な評価を得ること」がIR活動の重要な目標であると考えています。
機関投資家、アナリストに対しては、決算説明会や取材対応の機会を通じてコミュニケーションの充実を図っています。また、一般の株主・投資家の皆様に対しては、当社Webサイト上に「IR情報」をつくり、財務情報、プレスリリース、決算説明会の資料を掲載するほか、動画配信を行うなど、Webサイトを通じた幅広い情報発信を行っています。

※「株主、投資家への情報発信」につきましては「IR情報」をご覧下さい。

ページの先頭へ