ホーム > CSR > 環境に関する取り組み > 化学物質管理

化学物質管理

製品含有化学物質の管理

当社グループでは、当社グループおよびお客さまの製品の環境負荷低減、コンプライアンス向上を目指し、調達、設計、製造、品質保証など各フェーズにおいて実施すべき項目について、JIS Z7201「製品含有化学物質管理-原則及び指針」に準拠した「SEI製品含有化学物質管理ガイドライン」を制定、運用し(注)、製品中に含まれる化学物質の適正な管理に努めています。

SEI購入品グリーン品質ガイドラインと含有化学物質基準
SEI購入品グリーン品質ガイドラインと
含有化学物質基準

また、各フェーズを通じて管理すべき化学物質の基準「含有化学物質基準」を制定し、これに基づいた「SEI購入品グリーン品質ガイドライン」(注)の運用、また設計・開発段階における製品アセスメントへの適用などにより、製品に水銀やカドミウムといった環境負荷の大きい有害化学物質が含まれることのないよう努めています。
さらに製品含有化学物質管理委員会を設置して当社グループ内連携強化に努めています。

注:
各事業部および関係会社毎に製品の種類やお客さまからの要求が大きく異なるため、各部門でそれぞれの状況に応じたガイドラインの運用を行っています。

SEI購入品グリーン品質ガイドラインはこちらからダウンロード可能です。

各国規制への対応

当社グループは、EUのRoHS指令(※1)やELV指令(※2)で規制対象となっている物質の代替を進め、お客さまからの規制物質の非含有要求に対応しています。なおRoHS指令の禁止物質への追加候補とされているフタル酸エステルおよび臭素系難燃剤の一部については、「アクションECO-21(Phase V)」運動の活動項目に取り上げてRoHS指令対象製品での使用の全廃へ向けた取り組みを開始し、2013年度は当社グループ各社の使用状況把握のための調査を完了しました。
一方、REACH規則(※3)については、順次本登録の準備を進めており、2012年にはGaAs(ガリウムヒ素)の登録を完了しました。また、製品中に含まれるSVHC(※4)についての情報伝達など、REACH規則への確実な対応に努めています。
また、年々強化される各国規制への迅速な対応を図るため、欧州、中国をはじめ各国規制情報の収集および当社グループ内での共有化に日々努めています。

※1:
Restriction of the use of certain Hazardous Substancesの 略。電子・電気機器への特定有害物質の使用制限についてのEU指令。
※2:
End-of Life Vehiclesの略。廃棄自動車が環境に与える負荷を低減するため、自動車への鉛等有害4重金属の使用制限についてのEU指令。
※3:
Registration, Evaluation, Authorization and Restriction of Chemicalsの略。人の健康や環境の保護を目的とする化学物質に関するEU規則。
※4:
Substances of Very High Concernの略。有害である懸念が高いとしてEUが指定した化学物質。
ページの先頭へ