ホーム > CSR > 特集 CSR EYE > 2015年 SEBN-MA Tangier

2015年 SEBN-MA Tangier

SEBN-MA Tangier

製品出荷を担う欧州への窓口。
モロッコ最北端の港町に位置するタンジェ工場。

SEBN 北アフリカ地域 CEO Peter GULLICH(左)工場長 Abdelkrim BAHJI (右)

製品輸出に重要なポジションを担う自由貿易特区に位置しています。

( SEBN北アフリカ地域 CEO Peter GULLICH
SEBNはチュニジアとモロッコのタンジェに工場がありますが、とりわけタンジェ工場はTangier-Med港の近郊にある自由貿易特区に立地しています。フォルクスワーゲンやアウディなどドイツのカーメーカーを主要顧客としています。自由貿易特区には各業界の生産工場が集まっているため、優秀な社員の獲得はいわば競争です。当工場では、工場長が自由貿易特区会の会長を務め、地元の大学とも連携するなど地域に密着したビジネスを展開し、人材の確保に努めています。

競争企業の多い環境において魅力となるブランド力強化に努めています。

( 工場長 Abdelkrim BAHJI
私たちは地元のエンジニア系の学校や大学と提携し、生徒やインターンを積極的に受け入れ、住友電工グループの企業文化や教育をモロッコに広めています。住友電工グループがさらに発展し、存在感を高めることでモロッコの経済成長につながる政策を後押しできればよいと思っています。またそれにより外国からの投資を呼び込み、モロッコの産業がさらに発展するよう貢献したいと願っています。

人事部長Zhor CHAHIR

“やる気のある社員”を大切に育てるため
さまざまなことに取り組んでいます。

当工場は社員の会社に対する帰属意識が高いと言えます。いろいろなイベントの開催を通じて、家族的で協力的な社風をつくっています。社員は家庭よりも長い時間を工場で過ごすのですから、工場は楽しくモチベーションの上がる場所にすることが私たちの使命だと考えています。ワイヤーハーネス事業において、やる気のある社員はとても大切な存在だからです。住友電工グループは多大な影響力をモロッコで持っています。ここで築いた好事例は、きっと他の企業にもよい影響を与えるでしょう。私は仕事を通して制度の充実を図るとともに、優れた人材の開発を進めていくことでモロッコの雇用の安定に貢献していきたいと思っています。
“やる気のある社員”を大切に育てるためさまざまなことに取り組んでいます。

入社後のさまざまな研修が私に大きな気づきを与えてくれました。

製造(組立)Ounzi ZAKARIA

私は2009年に入社しました。以前より充実した保険制度があり、誇りをもって働ける良い会社だと聞いていました。入社してすぐケーブルに関する研修を受けました。それは私の人生に大きな気づきを与えてくれました。私は今までいかなる業務をする場合も、効率性を考えたことがなく、目標を立てて成果を測ったりすることがなかったからです。私はITに興味があり、将来的にはIT関係のポストに就きたいと思っています。経済的安定とITへの興味の両方を、この会社でかなえることが私の夢です。

ページの先頭へ