ホーム > CSR > CSR基本姿勢

CSR基本姿勢

住友電工グループのCSR基本姿勢

住友電工グループには、社会的信用と企業倫理を何よりも大切にする住友事業精神が今もしっかりと息づいています。私たちはこの「住友事業精神」と「住友電工グループ経営理念」とを基本的な価値軸とし、コンプライアンスに則った事業活動を通じて社会的価値を創造し、より良い社会・環境づくりに貢献していきます。
さらに、CSR重点分野として「製品・サービス」「サプライチェーン」「人材」「環境保全」「社会貢献」を定め、ステークホルダーに対する責任を果たし、ステークホルダーと良好な関係を築きながら、Glorious Excellent Companyを目指して持続的に成長していきます。

住友電工グループのCSR基本姿勢

※「住友事業精神」「住友電工グループ経営理念」につきましては「経営理念」をご覧下さい。

※「Glorious Excellent Company」につきましてはグロリアス エクセレント カンパニーについてをご覧下さい。

住友電工グループのCSR推進体制

2004年7月に人事・総務担当役員を委員長とし、CSR関連分野を主管する部門長を委員とするCSR委員会を設置し、下図に示す体制のもと、当社グループにおける横断的なCSR推進母体として活動を行っています。

CSR委員会の役割は次のとおりです。

  1. 毎期2回開催し、グループ横断的な観点からCSR活動のレビューと今後の展開についての支援・指導を行う
  2. CSRに関する社内外への情報開示および広聴活動
  3. CSRに関するグループ会社を含めた教育の推進 等

ステークホルダーとの関わり

住友電工グループの事業活動は、さまざまなステークホルダーの皆さまとの関わりによって支えられています。日常的に関わりの深いステークホルダーの皆さまへの責任を明らかにするとともに、今後も様々な機会を通じて皆さまとのコミュニケーションを図っていきます。

ステークホルダーとの関わり
ページの先頭へ