ホーム > 製品情報 > 電力ケーブル温度監視システム

電力ケーブル温度監視システム

エネルギー環境・エコロジーインフラ整備

当社は単にケーブル・架空線の製造メーカーであるだけにとどまらず、その運用やメンテナンスを視野に送電線の温度監視を行うDTS(Distributed Temperature Sensor)を自社で独自開発しています。ケーブルメーカーとして積み上げたノウハウと、住友電工のシステム製品技術を統合することで、温度異常監視やDynamic Ratingなどの新しい送電線システムの価値を提案いたします。

製品ラインナップ

OPサーモ®

OPサーモ®

ケーブルメーカーでありながら、温度監視システムを自社で内製できることが当社の大きな強みで、顧客のニーズに応じて測定精度や測定距離のカスタマイズに応じることが可能です。またマルチモードファイバーだけでなくシングルモードファイバーでも使用でき、既設の光ファイバー入りの送電線路に手軽に後付けし、送電線の温度分布の測定が可能です。


JPサーモ®

JPサーモ®

架空送電線の無線温度センサーとしては、通電と気象条件だけでなく、送電線の温度を直接測定できる点で、世界にほとんど類を見ない製品です。そのため、当社製品はより正確な温度測定が可能となり、Dynamic Ratingでの大きな効果を発揮するなど、多くのメリットを享受できます。


製品用途

  • 送電線の過負荷による異常発熱の検知
  • Dynamic Ratingによる送電容量の増加
  • 変電機器などの機器の温度異常監視
さらに詳しく!
電力ケーブル温度監視システムについては、以下のWebサイト・PDFにて詳しくご紹介しております。
関連リンク
ページの先頭へ