フッ素樹脂FPC
FLUOROCUIT™

高速伝送パフォーマンスに優れた
フレキシブル基板

フッ素樹脂FPC FLUOROCUIT™ 高速伝送パフォーマンスに優れたフレキシブル基板

FLUOROCUIT™とは

フロロキット

住友電工のFLUOROCUIT™は、5G通信などで活用が期待されるミリ波帯において低伝送損失で、柔軟性の高い、フッ素樹脂のフレキシブルプリント基板(FPC)です。フッ素樹脂は、高周波帯において非常に優れた特性を有する基板材料として注目されており、住友電工グループは、長きにわたりフッ素樹脂加工に取り組み、多彩な製品を開発してまいりました。その蓄積された知見や加工技術を生かすことで、これまで加工が難しいとされてきたフッ素樹脂フレキシブル基板の量産化を実現しました。また、柔軟性に優れるというFPCの特徴はそのまま有しているため、曲面など柔軟性が必要な配線部分での利用に適しています。

FLUOROCUIT™
選ばれる理由

  1. 低伝送損失
    低誘電のフッ素樹脂基板をFPCに加工し、高周波伝送に最適な配線材を実現します。伝送特性の評価経験も豊富です。
    READ MORE
  2. 薄く、狭ピッチ
    パフォーマンスと薄さとピッチの狭さを両立。筐体内のエアフローの確保や高密度化に貢献します。
    READ MORE
  3. アンテナとしての
    優れた利得
    フッ素樹脂FPC上にアンテナ回路を引くことで、スペースの効率化と利得に優れたアンテナとしても活用いただけます。
    READ MORE

POINT01低伝送損失

低誘電率/低誘電正接フッ素材料を使うことで高周波において低伝送損失のFPCを実現します。
5Gミリ波帯や車載レーダーの周波数帯において、他社材料を使用したFPCと挿入損失を比較すると、当社FLUOROCUIT™(フッ素樹脂FPC)の伝送損失が低減されています。

【配線基材比較】

【数値比較】

LCP PPE 競合
フッ素材
弊社
フッ素
DK 3.2 3.6 3.0 2.35
DF 0.002 0.005 0.001 0.002

@10GHz、円筒キャビティで測定。

フッ素を誘電体に使うことにより、
伝送時に減衰・拡散しやすい
高周波のロスを低減します。

詳細資料の請求はこちら

POINT02薄く、狭ピッチ

3層構造のFPCの厚みは、300~400um。複数の同軸ケーブルをFPCに置き換えれば、1pcsにまとめることができます。
スペース面でも、AWG34の同軸ケーブルと比較して約80%薄く、ピッチも20%狭くすることが可能です。

FPCの厚み 300~400um

FPCの厚み
300~400um

FPCの厚み 300~400um
  1. 配線スペースを削減
    多芯でかさばる複数線の同軸ケーブルも、スリムなFPC1枚に集約。
    多芯でかさばる複数線の同軸ケーブルも、スリムなFPC1枚に集約。

    多芯でかさばる複数線の同軸ケーブルも、スリムなFPC1枚に集約。

  2. 当社製品比較
    配線幅20%削減 ピッチ:0.35mm
    配線幅20%削減 ピッチ:0.35mm

※この設計は一例です。

POINT03アンテナとしての
優れた利得

ほぼ同寸法でフッ素基板と液晶ポリマー(LCP)基板を作成、2×2のアンテナアレイを形成し一般的な相対利得測定方法によりアンテナ特性を測定(パッチサイズのみ誘電率に合わせて微調整)したところ、液晶ポリマー(LCP)と比べ1.5倍のアンテナ性能を実現することができました。 お問い合わせ

利用用途例

1. RFモジュール接続アンテナモジュールからメインボードのモデムまでの高周波RF信号中継

アンテナモジュールからメインボードのモデムまでの高周波RF信号中継

FLUOROCUIT+コネクタ
FLUOROCUIT+コネクタ
アプリケーション例
スマートフォン
ルーター
PC
基地局機器

2. 外部端子接続外部端子信号の高速化に伴う、サブボード・メインボード間の高速伝送信号の中継

外部端子信号の高速化に伴う、サブボード・メインボード間の高速伝送信号の中継

FLUOROCUIT+コネクタ
FLUOROCUIT+コネクタ
アプリケーション例
PC
データセンター機器
基地局機器

3. FPCアンテナアンテナ性能向上のために低損失とアンテナ利得が要求されるアンテナ層をフッ素FPC化

アンテナ性能向上のために低損失とアンテナ利得が要求されるアンテナ層をフッ素FPC化

アプリケーション例
基地局機器
車載レーダー