ホーム > 技術開発 > 研究開発体制 > 情報ネットワーク研究開発センター

情報ネットワーク研究開発センター

高速ブロードバンド通信を支える光ネットワークシステムと第5世代移動通信システム(5G)の無線通信技術を研究開発しています。また、モビリティ分野の取り組みとして、当社の無線技術を活用したインフラ用ミリ波レーダの開発や、プローブ車両情報を使った次世代信号制御やモビリティ情報提供サービスの研究開発を行っています。

光ネットワークシステム

年々増加するブロードバンド需要とIoTや5G無線、自動運転などの新しいサービスを支えるための研究開発を進めています。現行サービスより10倍高速なFiber to the Homeサービスを実現する10G-EPON*装置とその光部品、および低伝送遅延かつ高信頼なサービスを実現するイーサネットアクセス装置の開発に取り組んでいます。

*10G-EPON:10 Gigabit Ethernet Passive Optical Network

5G無線システム

2020年頃に導入が見込まれる第5世代移動通信システム(5G)は、超高速・低遅延・高信頼性・超多数接続を特長として、従来のスマートフォンだけではなく、全てのものが繋がるIoTの世界を実現します。

当センターが所有する高周波増幅器の高効率化技術、アンテナ技術、および信号処理技術を基礎として、5Gモバイルインフラ市場やコネクテッドカー市場を対象に、無線機器や無線モジュールの開発に取り組んでいます。

モビリティシステム

自動走行支援向けインフラ用ミリ波レーダ

近年、急速に実用化に向けた開発が進められている自動走行を実現するためには、高性能なセンサが不可欠で、ミリ波レーダのニーズが高まっています。

当センターでは、これまで培った無線技術を活用して交通インフラ市場向けに、走行車両の位置と速度を検出して車両に情報提供するインフラ用ミリ波レーダ装置の開発を行っており、安全・安心・快適な社会実現への貢献を目指しています。

次世代信号制御/モビリティ情報提供サービス

安全・安心で地球環境に優しい交通社会の実現を目指し、次世代信号制御/モビリティ情報提供サービスの開発を進めています。
車の位置・速度などのプローブ情報をAIで処理し、信号制御や、車に数キロ先までの動的に変化する車線別交通情報などの提供を行う自動走行支援、さらにバッテリ情報やドライバーの傾向・意向・状態などを考慮した最適経路の提供等のモビリティ情報提供システムの開発を行っています。

ページの先頭へ