成績紹介

Home > 成績紹介 > 以球伝心日記

以球伝心日記

ゴールデンウィーク強化合同練習:(2016年5月1日~3日)

ママさんバレーボール教室

こんにちは!住友電工バレーボール部(大阪)・マネージャーの井ノ部です。
ゴールデンウィークはいかがお過ごしだったでしょうか?

今年のゴールデンウィークは天気も良く、まさに行楽日和!旅行に出かけたり、BBQをしたりと、連休を楽しまれたことと思います。

ゴールデンウィーク強化合同練習ゴールデンウィーク強化合同練習

さて、私たちバレー部は、5月1日(日)~3日(火)に住友電工の大阪製作所体育館にて、住友電工バレー部主催の「強化合同練習」と「9人制バレー特別審判員研修会(レフリースクール)」を開催しました。

参加したチームは3日間で計12チーム!全国からトップクラスのチームが集まったので、練習試合といえども、公式戦さながらの緊張感の中、選手たちは毎試合汗だくになってコート内を動き回っていました。

ゴールデンウィーク強化合同練習ゴールデンウィーク強化合同練習

今回の練習試合を通じての収穫と課題を生かし、これからも現状に満足せず日々の練習で実力を養うことで、まずは7月に開催される全日本9人制実業団男子選手権大会で優勝できるように頑張りますので、ご声援よろしくお願いいたします!

第14回 ミリオンカップ(2015.6.20~21)

ママさんバレーボール教室

こんにちは。住友電工バレーボール部(大阪)・マネージャーの井ノ部です。

6月20日(土)・21日(日)に広島サンプラザホールでミリオンカップが開催され、当社から住友電工・住友電工伊丹(兵庫県)の2チームが出場いたしました。

初日は全国から参加している8チームが2つの組に分かれて組別リーグ戦を行い、2日目は組別リーグ戦の上位(1・2位)、下位(3・4位)ごとに決勝トーナメント戦(順位決定トーナメント戦)を行いました。

ママさんバレーボール教室ママさんバレーボール教室

大会初日のリーグ戦では全勝し、決勝トーナメント戦(各組の1・2位)へ勝ち進みました。

初日と同様に、2日目も快調に勝ち進み、決勝戦では、初日のリーグ戦は別の組で戦っていた住友電工伊丹 (兵庫県)を破り優勝を果たしました。

最優秀選手賞にはアタッカーの 本多 由宜 選手が選ばれました。

ママさんバレーボール教室最優秀選手賞に選ばれた本多選手から、今回の大会を振り返っての感想を頂いております。
『今大会ではチームとして勝つ事ができ、日々の成果が出せて良かったです。個人的な面ではまだまだプレーに荒さがあるので、7月の実業団では常に良いプレーができるように頑張ります。今後ともご声援の程よろしくお願いします。』

皆様の応援に厚くお礼申し上げますと共に、今後ともご声援よろしくお願い致します。

ママさんバレーボール教室(2015.6.13)

こんにちは。住友電工バレーボール部(大阪)の渡りです。

ママさんバレーボール教室6月13日(土)に当社大阪製作所の体育館にて、今年で8回目となる恒例の『ママさんバレーボール教室』が開催されました。参加者は、大阪市此花区内で活動されている小・中学校のママさんバレーボールチームの皆様です。

ストレッチからアップ・基礎練習と、選手が指導しながら行っていきました。最後に4チームに分かれて試合を行いました。終始、かけ声・笑い声が絶えませんでした。

ママさんバレーボール教室ママさんバレーボール教室
ママさんバレーボール教室ママさんバレーボール教室

今回のママさんバレーボール教室では「バレーボールを教える』事の難しさを感じました。どのように説明したらうまく伝わるのか、悩みながらの指導でしたが、私たちも非常に楽しい時間を過ごすことができました。

今後も、スポーツを通じて地元の皆様との交流が深まるよう、バレー部全員で精進してまいります。参加していただいた皆様、ご協力をいただいた皆様、ありがとうございました。

ママさんバレーボール教室

平成27年度近畿9人制バレーボール総合男子選手権大会
(2015.4.4~2015.4.5)

こんにちは。マネージャーの井ノ部です。

平成27年度近畿9人制バレーボール総合男子選手権大会4月4日(土)に守山市民体育館で、5日(日)に草津市総合体育館で近畿総合が開催され、当社から住友電工・住友電工伊丹(兵庫県)の2チームが出場いたしました。

トーナメント戦を快調に勝ち進み、決勝戦では住友電工伊丹(兵庫県)チームを破り優勝となりました。
最優秀選手賞に住友電工でレシーバーを務める 青木 一平 選手が選ばれました。

平成27年度近畿9人制バレーボール総合男子選手権大会平成27年度近畿9人制バレーボール総合男子選手権大会

櫻井選手から今大会を終えて、感想をいただきました。
『2015年度最初の試合を優勝できて良かったです。ただ個人的に課題が見つかりましたので、7月の全日本実業団までに少しでも上達して優勝に貢献できるよう頑張ります。今後も応援宜しくお願いします。』

最後に、最優秀選手賞に選ばれた青木選手が今大会を振り返って、
『新たな年となり初めての公式戦でした。結果は優勝と言う良いスタートを切れましたが、チーム状況としてはまだまだ課題が多く、基礎からの練習が必要であると実感しています。これから本格的なシーズンに入り、大会等が続きますが、先ずは7月の全日本実業団選手権大会で優勝に向け日々の生活に妥協する事なくチーム一丸となって頑張って行きます。今後ともご声援宜しくお願い致します。』

平成27年度近畿9人制バレーボール総合男子選手権大会平成27年度近畿9人制バレーボール総合男子選手権大会

2015年度始まっての公式で優勝ができ、今シーズンの出足は好調にスタートする事ができました。現状に満足せずに、日々の練習で実力を付け7月の全日本実業団で優勝できるように頑張って行きます。
皆様の応援に厚くお礼申し上げますとともに今後ともご声援よろしくお願い致します。

全日本9人制バレーボール総合男子選手権大会優勝!!
(2015.1.16~2015.1.19)

こんにちは。住友電工バレーボール部(大阪)主将の池ノ上です。

全日本9人制バレーボール総合男子選手権大会優勝先日京都で行われた第84回目となる全日本9人制バレーボール総合男子選手権大会は、歴史のある大会であり、全国から60チームが参加した大きな大会でした。苦戦した試合もありましたが、チームが一つになり、2年ぶりに優勝することが出来ました。
応援してくださったみなさま、ありがとうございます。

全日本9人制バレーボール総合男子選手権大会優勝

また、大会から2週間後の1月29日には、大阪本社にて、松本社長に優勝報告をしてきました。2年ぶりの優勝報告となったため、訪問した際は、「久しぶり」だと言われてしまいましたが、またすぐによい報告ができるよう、練習・トレーニングに励んでいきます!

全日本9人制バレーボール総合男子選手権大会優勝

次の目標は、夏に開催される実業団での5年ぶりの優勝!
みなさま引き続き、応援よろしくお願いいたします。

平成24年度 第82回 全日本9人制バレーボール総合男子選手権大会
(2013.1.18~2013.1.21)

雪晴れの青空が鮮やかな今日この頃、今年度最後の試合となる「全日本9人制バレーボール総合男子選手権大会」が開催されました。住友電工からは住友電工チーム、住友電工伊丹チームが出場しました。

18日(金)の開会式では、住友電工チーム主将、石田亮選手が選手宣誓を行い、続く3日間の熱戦の幕を切りました。

19日(土)、予選グループ戦の相手は川崎重工(岐阜)。
住友電工チームは若手中心で試合に挑み2-0で快勝。幸先の良いスタートとなりました。

20日(日)より行われた決勝トーナメント。
住友電工チーム、住友電工伊丹チーム共に勝ち進み、準々決勝(ベスト8)へと駒を進めました。詳細な成績結果については、「成績紹介ページ」をご覧ください。

平成24年度 第82回 全日本9人制バレーボール総合男子選手権大会平成24年度 第82回 全日本9人制バレーボール総合男子選手権大会

21日(月)、死闘を繰り広げた戦いも大会最終日となり、準々決勝・準決勝・決勝戦が行われました。
結果、住友電工伊丹チームはベスト8。
住友電工チームは見事、優勝を果たしました!!!3連覇達成です!!
本大会がリニューアルされた2010年から3年連続の優勝を手にすることが出来ました。

平成24年度 第82回 全日本9人制バレーボール総合男子選手権大会平成24年度 第82回 全日本9人制バレーボール総合男子選手権大会

しかし、この1年、平坦な道のりではありませんでした。
レポーターとして2012年の試合を観戦させていただきましたが、観戦なくして結果だけを見ると今回の3連覇も「当たり前」と思っていたに違いありません。

週3日以上の練習はもちろん、土日の自主練習、苦杯をなめた戦いの後の悔し涙も幾度か見てきました。チームの呼吸が合わず、不満が聴こえてきた日もありました。
今回の試合でも、写真でこそ写っていませんが、選手の皆さんの足や腕はテーピングでがっちりと固定されております。アタックを決して外さなかった両サイドアタッカーの足にもテーピングが見られましたが、激痛を堪え、高く飛ぶ姿が印象的でした。

ラストゲームは3セット目まで続き、19対21の接戦でしたが、確実なレシーブ、トス、素早い攻撃、的確なスタッフの指示など、部員一丸となって集中力を切らすことなく、勝利を掴むことができました。

平成24年度 第82回 全日本9人制バレーボール総合男子選手権大会

この栄光を手にすることが出来たのも、皆様の多大なご支援・ご声援があったからこそと、部員一同深く御礼申し上げます。決勝戦で見られた若手の活躍に、来年度の試合も大いに期待出来そうです。これからも、何卒ご指導・ご声援の程、よろしくお願い致します。

第27回「櫻田記念」全日本9人制実業団選抜男女優勝大会
(日韓国際親善交流試合)(2012.12.1~2)

日本海からの冷たい風と小雨の中やって来たのは京都府舞鶴市。
大阪とは比べものにならない寒さに真冬の到来を感じつつ、今回の「櫻田記念」開催地、舞鶴文化公園体育館に足を踏み入れました。
初日は予選リーグ戦3試合が行われ、住友電工チームは全勝で予選を通過しました。

今回の試合の特徴は、何と言っても「迫力」でした。通常、体育館の1階で試合が行われ、2階席から観戦という会場が多い中、今回は試合を行っているすぐ横に観客席を設けているコートでゲームがありました。プレーをしている選手たちとの距離が近く、アタックやブロック、鋭いサーブが決まる度に、熱気と共に床から振動がこちらへと伝わってきました。いつも以上に声援にも力が入り、冷えた体もいつの間にか寒さを忘れていました。

第27回「櫻田記念」全日本9人制実業団選抜男女優勝大会第27回「櫻田記念」全日本9人制実業団選抜男女優勝大会

迎えた2日目。初日と同様に冷たい風と小雨の降る中、遠路遙々観戦に来て頂いた多くの皆様の声援を受け、準々決勝・準決勝を苦戦はしたものの何とか勝ち上がりました。続く決勝戦では、昨年の覇者でもあり、7月に釧路で開催された全日本9人制ボレーボール実業団男子選手権大会でも敗退した、強豪「中部徳洲会病院」とのリベンジを賭けた戦に挑みました。しかしながら強豪の牙城を崩す事は出来ず、再び苦杯をなめるという結果に終わってしまいました。
敢闘選手に加藤隆一選手が選ばれました。入部2年目の選手なだけに、今後の益々の活躍が楽しみです!

敢闘選手に加藤隆一選手が選ばれました。次回は、今年度最後の試合となる、「第82回 全日本9人制バレーボール総合男子選手権大会」(2013年1月18日~21日)です。
京都市右京区、ハンナリーズアリーナをメイン会場に開催されます。
住友電工は、第80回、81回と2年連続で優勝しており3連覇に挑みます。
悲願の今季初タイトルと3年連続優勝を目指して、櫻田記念での課題を克服し、これまで練習してきた成果の集大成として、更に進化した住友電工バレーをお見せ出来る様に選手・スタッフ一同益々精進致しますので当日は是非、御声援を宜しくお願い致します。

第65回全日本9人制バレーボール実業団男子選手権大会(2012.7.26~29)

第65回全日本9人制バレーボール実業団男子選手権大会有名な釧路湿原が見渡せる“湿原の風アリーナ釧路”にて、4日間に亘り全日本大会が開催されました。
北海道の余韻に浸りすぎ、レポートのUPが大変遅くなってしまいました。誠に申し訳ございません。今後は「鮮度が命」で更新させていただこうと思います。レポーター、横田です。

当大会、予選からトーナメント形式で決勝戦まで続き、結果、住友電工チーム準優勝、伊丹チームはベスト8、横浜チームは予選突破となりました。
決勝トーナメント1日目から2日目準決勝までは、若手選手が中心となり、ベテラン選手がそれを支えるといった形で試合が運ばれ、全試合共にストレートで勝ち進みました。

勢いにのって挑んだ決勝は、中部徳洲会病院(沖縄)と対戦。一昨年、昨年と決勝戦で対戦してきたチームです。
一昨年は住友電工チーム優勝、昨年は中部徳洲会病院優勝ということで、今シーズンの対戦に注目が集まりました。序盤、相手チームの「どんなボールも必ず取る」という姿勢に、こちらのリズムが作れず、1セット目を落とします。続く2セット目、アタッカー・レシーバー陣も普段の勢いを取り戻し奮闘しましたが、結果は28-30でストレート負けを喫しました。

本大会では、若手選手の眼差しが印象的でした。
年齢や経験の若い選手は実力 が向上しつつあるものの、やはり安定感や経験値ではベテラン選手に敵わない部分があります。大会終了後、
「決勝戦で戦う先輩たちに繋げるため、今自分に何が出来るかを考えた」
「試合で最大限の力を出せたが、勝つためにはどうすればいいかも今後は考えながら再度練習に臨もうと思う。」
といった声などが聞こえてきました。

本大会が人生初の全国大会出場となった岡村聖人選手は、試合中終始大声でチーム全体を活気付け、レシーバーとして最後までボールを追いかける姿が印象的でした。
本大会数ヶ月前の休日の早朝、岡村選手や五反分選手が汗でずぶ濡れになったTシャツを替えながら自主練習に励んでいた姿を目撃したことも、本大会での活躍を余計に印象付けたのかもしれません。

応援してくださる皆様のお蔭で、全国大会でプレーが出来、日々の練習も頑張れます。次の全国大会(櫻田記念)に向け、気持ちを切り替え精進して参ります。今後ともどうぞ宜しくお願い致します!
⇒応援メッセージのページ
(お時間宜しいときに足跡を頂戴できると幸いです:-)

ご清覧ありがとうございました。

住友電工ママさんバレーボール教室 (2012.6.23)

皆様こんにちは!
BBQに海水浴、夏の予定が待ち遠しい、レポーター横田です。

今週末、当社体育館にて、恒例の「住友電工ママさんバレーボール教室」が開催されました。参加者は、大阪市此花区の小中学校PTAママさんバレーボールチームの皆様です。教室の指導には、住友電工バレー部の他、OBチームBambinoの皆さんもかけつけてくれました。

準備運動から基本練習、そして試合を行ったのですが、終始、大きな掛け声と笑い声が絶えませんでした。
和気あいあいとした雰囲気の中、少年少女のような活き活きとした表情で人と人を繋げる、スポーツの魅力を感じました。

試合では、(指導の成果もあって?)ママさんのプレーに、指導員が押される場面もありました。下記写真、倒れて悔しがっているのは指導員です。

住友電工ママさんバレーボール教室

住友電工ママさんバレーボール教室

私も少し練習に参加しましたが、打つ度にボールが右へ左へ飛んで行き、バレーの難しさを身を持って知りました。でも、腕の痛さも忘れるほど楽しかったです。観戦するのも楽しいですが、実際にやってみるのもとても楽しいです!

今回参加していただいたママさんの中には、5年連続参加してくださっている方もおられ、ありがたい限りです。
今後も、スポーツを通じて地元の皆様との交流が深まるよう、バレー部皆で精進してまいります。
参加していただいた皆様、ご協力をいただいた皆様、大変ありがとうございました。
お疲れさまでした。

住友電工ママさんバレーボール教室

ゴールデンウィーク強化合同練習:2012年4月29日~5月1日

ご安全に!
連休と言えどいつも通りの早朝に起床してしまう。
自分の体内時計が憎い、横田です。

皆さん、連休はいかがお過ごしだったでしょうか。

旅行、ゴルフ、帰省・・・色々と余暇を楽しまれたことと思います。中には「特になにも~家でごろごろしてました~」という方も居たのではないでしょうか。
(そう、そこのあなた!)

連休中時間を持て余したという方に、来年以降の連休をエンジョイするためのエッセンスを今回はレポート致します!

4月29日~5月1日に、年に1度の住友電工バレーボール部「強化合同練習」が開催されました。29日と1日は住友電工大阪製作所体育館にて、30日は住友電工伊丹製作所にて行われました。

参加したチームは3日間で計11チーム!各チームの掛け声や指導の声、応援の声などが鳴り響き、練習試合と言えど熱く激しい戦いが繰り広げられました。

ゴールデンウィーク強化合同練習

試合と練習試合では「緊張感」が違います。
試合で感じる緊張感は、「勝つための緊張感」、
練習試合で感じる緊張感は、「自身とチームの実力を上げるための緊張感」、
だと思いました。

練習試合では、チームのメンバーが試合毎に変わります。
メンバーの組合せによって、チームの纏りがどう変化するのか、個人の働きがどう変化するのか、を見られるのも観戦中の面白味です。
もちろん負け試合もあります。負けた試合の後、別室でチームメンバーが反省会をしている姿も見受けられました。勝利を掴むのは一朝一夕では出来ないのです。

ゴールデンウィーク強化合同練習

今回の練習試合での見所は選手達だけではありません。
「9人制特別審判員研修会・9人制レフェリースクール」
日本バレーボール協会審判規則委員会の要請を受け、9人制全国大会でトップレベルの試合を審判できる審判員の方々を育てる、スクール的な役割も今回の合同練習は兼ねていたのです。

ゴールデンウィーク強化合同練習

苦楽を経験してこそ、審判員の方も、選手の方も、実力を上げ全国レベルの頂点になれるのですね。

この3日間、選手、審判員、監督、コーチ、マネージャー、観客・・・様々な方の熱気が入り混じり、とてもとても熱い3日間となりました。皆様本当にお疲れ様でした。

レポートを読んでいただいた皆様、来年は是非体育館でお会い致しましょう。

では、次回レポートもお楽しみに。

第85回 近畿9人制バレーボール総合男子選手権大会2連覇!

こんにちは。
桜が咲き始め春の香りがしてきました。
洋服も春の装いにしたら寒くて一日中震える羽目になった今週末。春の天候はオンナ心のように気まぐれですね。

今回はそんな気まぐれオンナ心をわしづかみにしてしまう、我らが住友電工バレーボール部、今年度“初”の試合を観戦してきました。

 近畿9人制バレーボール総合男子選手権大会 @奈良県桜井市(季節にぴったりの名前!)芝運動公園総合体育館です。

住友電工(大阪製作所)のバレーボールチームは住友電工チームと住友電工大阪チームがあります。チームのメンバーは試合によって変更するため、いつ見ても見応えがあり、面白味も増します。今大会、前記2チームとも出場しました。

申し遅れましたが、私は大阪製作所人事総務Gの横田と申します。
これから皆様にバレー部の魅力を随時お伝えしていきますので、よろしくお願いします。
 正直これまでスポーツ観戦には無縁だった私。「9人制バレーボールかぁ・・・ルールもよく分らないし、観に行って楽しいのか。。」と半信半疑でカメラ片手に会場までのバスに乗車しました。バスの中では選手の皆さん、音楽を聴いたり、仮眠をとったりとリラックスした雰囲気でした。

そして週末2日間をバレーボール観戦に捧げた結果、なんと!撮影した写真は300枚以上。「すごい!すごい!!」と試合をみて興奮した回数は数知れず。
すっかりバレーボールの魅力に取り付かれました!写真も撮り疲れました!

ここで少し皆様が住友電工バレーボール部の試合観戦をする際、是非注目していただきたいと思ったチェックポイントをご紹介致します。

1.選手の試合中の掛け声

「こいや~!!!」=相手チームの強烈なサーブに対して発せられます。試合でのサーブは普通の人が受けると手首の1本や2本ポキッと折れるんじゃないかというくらい剛速球です。サーブを堂々と受け取る自信は日々の練習の賜物ではないでしょうか。
渡り選手、西村選手あたりの「こいや~!」は体育館中に響きます。

第85回 近畿9人制バレーボール総合男子選手権大会2連覇!

「俺は浮かない!!!浮かないぞー!!」=レシーブの構えの際、自身の腰を浮かせない様、青木一平選手が自分に言い聞かせています。勝利への道は基本的な姿勢からです。

第85回 近畿9人制バレーボール総合男子選手権大会2連覇!

「ハギ―!!」=アタッカーである萩原選手にセッターやレシーバーが「いけー!」という想いを込めて発します。これによって鋭いアタックが決まります。決まらない時もあります。そんな時は皆様の声援が必要です。

2.増田監督の微笑み

試合中、増田監督の隣で観戦していると、急に隣から笑い声が聞こえてきます。こちらとしては、急に隣で笑い出されるのでビクッとします。増田監督曰く、選手が※面白いプレーをした時に笑ってしまうそうです。まだまだバレー初心者の私にそのツボは分りません。ただ、“見事なサーブ”1本で1点決めたときは大抵増田監督の顔がニヤッとしています。
“見事なサーブ”というのは、タダ入れば良いというサーブではなく、選手が状況から考え、素知らぬ顔をして繰り出すテクニカルなサーブを言います。

※監督のいう面白いプレーとは、
・選手が日頃練習でうまくいかない部分を試合で成功したとき。
・実力外のプレー(予想出来ないプレーが出来た時)に嬉しくもあり、選手の意外性を試合中みれたとき。
・練習通り試合中も失敗したとき。
等々に思わず笑ってしまうそうです。

今回、選手の中には夜勤明けから試合に参加した選手もいます。
並大抵の体力では夜勤明けの身体で2日間フルセットは無理に近いです。
しかしそこは住友電工バレー部の選手、試合中は疲れを一切見せません。
むしろ鋭い眼でボールを一心に追いかける姿が印象的でした。

第85回 近畿9人制バレーボール総合男子選手権大会2連覇!

新人選手(森下選手)も試合に出場しました。デビュー戦にも関わらず、眼にも止まらぬサーブを決めてくれました。
今後大注目です!!

「負けるかもしれないと思って挑む試合はない。
余裕で勝つだろうと思って挑む試合もない。」
というマネージャーの言葉の下、今回の試合は

住友電工チーム   優勝!!!
住友電工大阪チーム 準優勝!!!

という最高の結果で幕を閉じました。

選手の方々、監督、コーチ、マネージャーの方々、お疲れ様でした。
2012年度のバレー部のこれからの活躍が今からとても楽しみです。

第85回 近畿9人制バレーボール総合男子選手権大会2連覇!

次回はゴールデンウィーク中の合同練習をレポート致しますのでお楽しみに。
それでは、ご安全に!

Page Top