「平成30年度 第88回全日本9人制バレーボール総合男子選手権大会」で、当社が2年連続11度目の優勝を果たすことができ、監督・コーチ・選手の皆さんが報告に来てくれました。

記念撮影

記念撮影

9人制バレーボールは上位チームの実力が拮抗しているため、トーナメント戦を連続して勝ち続け、優勝するまではなかなか難しいですが、その中で2年連続の優勝。準決勝では当社伊丹製作所チームと戦うこととなり、やりにくかったようですが、決勝までよく勝ち切ってくれました。 

9人制バレーボールは大阪、伊丹、横浜の各製作所で取り組んでいる当社内でも伝統的な同好会であり、昼間はフルタイムで仕事をし、夜や休日に練習をしています。バレーボールの能力成長や体力強化もさることながら、社内での人間関係拡大につながったり、チームプレー含め精神面での強化にもつながっていると思います。バレー部OBが役職者として職場でも活躍しているケースが多いのは、そのような点からの幅広い人間性の成長も影響しているのではないかと思いますが心強い限りです。

皆さんと懇談

皆さんと懇談

皆さんとの懇談の中でこの冬の時期(オフシーズン)の練習が話題に挙がりましたが、この時期はとにかく体力強化に専念するそうです。ただ、そのメニューは選手一人ひとり別で、各人の弱点を補強する内容にしているとのこと。定時後にみんなが集まってワイワイとバレーをするという感じではなく、同好会とはいえ、真剣、かつ合理的に取り組んでくれています。 

仕事とバレーの両立ということで大変だとは思いますが、今後も両方で活躍してくれることを期待し、応援していきたいと思います。

優勝当日の記念撮影
優勝当日の記念撮影