OUR TEAM チーム紹介

沿革

1928年
  • グループ企業対抗の運動大会(住友倶楽部対抗戦)への参加を契機にチームを発足
1996年
  • 関西実業団対抗戦 総合優勝(初)
  • 以後、2002年まで7年連続総合優勝を達成
  • 同大会でのチーム対抗戦は現在廃止
2004年
  • 地元伊丹市の小学生を対象とした陸上教室に支援コーチとして協力
  • 以降、現在に至るまで継続中
2008年
  • 地元伊丹市の中学生を対象とした陸上教室に支援コーチとして協力
  • 以降、現在に至るまで継続中
2014年
  • 全日本実業団対抗駅伝競走大会 出場(初)
  • 以後、2016年大会まで3年連続出場
2015年
  • 渡辺康幸監督就任
  • 小西勇太選手が400mH日本代表としてアジア選手権にて優勝
  • 小西勇太選手が400mH、田村朋也選手が4×400mR日本代表として北京世界陸上に出場
  • 全日本実業団対抗陸上競技選手権大会 総合優勝(初)
2016年
  • 田村朋也選手が4×400mR日本代表としてリオ五輪に出場
  • 2016年 田村 リオ五輪
2017年
  • 遠藤日向選手がホクレンディスタンスチャレンジ北見大会にて3000m7’54”79のジュニア日本新記録達成
  • 田村朋也選手、堀井浩介選手がIAAF世界リレー2017に日本代表として選出
  • 堀井浩介選手が男子4×400mRリレー日本代表として世界陸上に出場
  • 2017 堀井 ロンドン世陸
2018年
  • 第66回 全日本実業団対抗陸上選手権大会において団体総合優勝
  • 第62回 全日本実業団対抗駅伝競走大会にて11位となりチーム最高順位を更新
  • 2018年NY駅伝過去最高順位
2019年
  • 遠藤日向選手がBU David Hemery Valentine Invitationalにて5000m13’27”81の室内日本新記録達成
  • 小池祐貴選手が日本代表として出場した200mにてアジア選手権準優勝
  • 小池祐貴選手、三宅奈緒香選手が日本代表としてアジア陸上競技選手権に出場
  • 三宅奈緒香選手が日本代表として出場したIAAF世界リレー2019にて女子4×200mRの日本新記録達成
  • 5名の選手が出場 三宅奈緒香選手、小池祐貴選手、田村朋也選手、多田修平選手、永田駿斗選手
  • 遠藤5000m室内日本新
  • 小池アジア陸上
  • 三宅世界リレー