キャブタイヤケーブルとは

About cabtyre cable

キャブタイヤケーブルとは(代表品種:2PNCT、3PNCT、VCT等)

キャブタイヤケーブルとは、過酷な作業現場で用いられる、耐摩耗・耐衝撃・耐水性・耐熱性・柔軟性に優れた、主に移動用(給電したまま移動できる)に使用されるケーブルです。

cab(辻馬車)に使用される強靭なタイヤがキャブタイヤケーブルの語源とされており、工場や倉庫などの天井クレーンの他にも、港湾、製鉄所、ゴミ処理場、鉱山、造船所などで使用される大型の産業機械用の給電線や仮設電源として使用されています。

さらに、新しい分野では風力発電機や太陽光発電設備、電気自動車の給電用ケーブルなどでも使用され、強靭でありながら柔軟性をあわせもつ特長を生かして幅広い用途で人々の暮らしを支えています。

キャブタイヤケーブルは、通電を行う導体の周りに絶縁層があり、それを1本或いは複数本より合わせた上にシースを被覆した構造となっています。キャブタイヤケーブルの特長の一つである柔軟性と強靭性は、固定用の電線やケーブルと異なり、0.5mm以下の細い径の銅線をよりあわせた導体と、絶縁やシースに使用される材料にも柔軟性と耐久性を兼ね備えた材料を採用することで実現しています。

使用用途により絶縁やシースの材料や構造が異なり、家庭用の電気機器の給電線など比較的軽易な用途で使用されるビニルキャブタイヤケーブル(VCT)から、一般的な移動用途で使用される2PNCTや3PNCT、大型産業用機械やクレーンなどで使用される特殊移動用途のF-2PNCTやF-2PNCT補強形など、使用環境や用途に適した幅広い品種やサイズがあります。

キャブタイヤケーブルの使用方法や構造については、国内では「電気用品安全法」や「電気設備に関する技術基準を定める省令」等の法令に規制があります。これらの法令に則ってご使用下さい。

また、使用いただく際には許容電流や電圧降下を考慮していただく必要がありますが、これらについては当社の技術資料をご参照下さい。

お客様の声Customer's Voice

高強度アルミ導体溶接用ケーブル

ジャパン マリンユナイテッド 様高強度アルミ導体溶接用
ケーブル

造船業界において溶接作業は船体の品質確保の要であり、工数の割合も大きいため、重要な工程の一つとされています。この溶接作業において作業負荷を軽減し、作業効率化につながる策として、軽量(従来比約1/2)な高強度アルミ導体溶接用ケーブルを採用いただいています。

詳しくはこちら

水中ポンプ用キャブタイヤケーブル

鶴見製作所 様水中ポンプ用
キャブタイヤケーブル

建設・土木、農業・灌漑、河川・治水、上・下水道、環境装置など、ポンプは幅広い分野で使用されています。ポンプの性能を保つために必要な装置の止水性を実現するために、高い外径精度を有した水中ポンプ用キャブタイヤケーブルを採用いただいています。

詳しくはこちら

住友電工の強みSumitomo Electric Strength

住友電工のキャブタイヤケーブルは、導体となる銅線に加え、絶縁・シース材料といった主要材料の製品開発から製造までを自社グループ内で一貫して行っています。

さらに住友電工は自動車分野やエレクトロニクス分野といった幅広い製品群の中で育まれた、高い導体技術や被覆材料の配合開発・製造技術を有しており、これらを最大限に活かしてキャブタイヤケーブルの製品開発を行っています。

また、長年培われたケーブル設計技術を活かし、お客さまの使用用途に合わせたカスタマイズ製品のご提案をさせていただきます。

キャブタイヤケーブルの製品ブランドである「エスフリー」は「快適を、その現場に」お届けするための製品ブランドです。

キャブタイヤケーブルの
製品ラインアップLine up

キャブタイヤケーブルは汎用品種の2PNCT・3PNCTを始め、大型産業用機械に用いられるF-2PNCT、火力・原子力発電所の仮設配線に用いられるSF-2PNCT、
風力発電施設向けケーブル、特殊仕様品などをラインアップしております。また、お客さまのニーズに合わせたカスタマイズ品もご提供いたします。

ゴム
キャブタイヤケーブル(汎用)
2PNCT、3PNCT
ゴム
キャブタイヤケーブル(特殊移動用)
F-2PNCT、
F-2PNCT補強形、
F-3PNCTなど
ビニル
キャブタイヤケーブル
VCT、VCTF、
ハイテンプVCT、
フレックス1 VCTなど
エコ
キャブタイヤケーブル
EM-2PPCT、EM-3PPCTなど
用途別SF-2PNCT(高難燃)
など
その他
カスタマイズ製品
使用環境・用途に応じてご提案します。

キャブタイヤケーブルの用途Application

当社のキャブタイヤケーブルは、下記のような幅広い用途にご使用いただいています。

天井クレーン天井クレーン
工事用仮設電源・仮設エレベーター工事用仮設電源・
仮設エレベーター
港湾施設港湾施設
土木建設機械土木建設機械
水中ポンプ、排水設備水中ポンプ、排水設備
風力発電設備風力発電設備

各種ゴム・プラスチックの耐薬品性

キャブタイヤケーブルに関連する各種ゴム・プラスチックの耐薬品性は以下の通りです。

  材料名
薬品



溶剤名
  クロロプレンゴム 塩化ビニル 天然ゴム EPゴム ポリエチレン
架橋ポリエチレン
有機薬品 アセトン ×
アニリン
エタノール
エチレングリコール
キシレン × × × ○(20℃)
グリセリン
クレゾール
クロロホルム × × × ×
酢酸 Conc.
10%
酢酸エチル
四塩化炭素 × × ×
シクロヘキサン × ×
DOP ×
トリクロールエチレン × × ×
トリクロールベンゼン × ×
トルエン × ×
二硫化炭素 × ×
フェノール ×
フルフラール
ヘキサン × ×
ベンゼン × × ×
メタノール
メチルエチルケトン ×
ジオキサン
ニトロベンゼン
ホルマリン
無機薬品 アンモニア Conc.
10%
塩化ナトリウム
塩酸 Conc.
10%
塩素ガス × × × × ×
オゾン ×
臭素 × × × × ×
硝酸 Conc. × ×
10% × ×
発煙硝酸 × × × ×
水道水 (20℃)
海水(塩水) (20℃)
硫酸 Conc. × × ×
10%
リン酸 ×
水酸化ナトリウム ×(○10%) △10% 10%
フレオン ×
油類

天然物
ASTM No.1油
No.2油
No.3油 × ×
OF油 ×
ガソリン × ×
クレソオソート油 × × × ×
JIS2号試験油 × ×
重油 × × ×
潤滑油
シリコーン油
植物油
石油エーテル × ×
トランス油 ×
ナフサ × × ×

※1 ほとんど変化なし ○わずかに変化する △ある程度変化するので、使用には注意を要する ×使用には適さない
※2 データは主に常温の試験例である。従って、高温の場合は特性が変化することがある。

各種材料の諸特性

キャブタイヤケーブルに関連する各種材料の諸特性は以下の通りです。

  種類
項目   塩化ビニル 天然ゴム EPゴム クロロプレンゴム クロロスルホン化
ポリエチレン
架橋ポリエチレン フッ素樹脂
略号 V R P N H C F
比重 1.2~1.5 1.2~1.6 1.2~1.4 1.4~1.6 1.4~1.6 0.92 1.6~1.8
電気特性 破壊電圧(kV/mm) 20~40 15~25 30~45 15~25 20~30 30~45 20~25
体積抵抗率(Ω・cm) 1012~1015 1015 1015 107~1012 1010~1014 1017~1018 1015~1016
誘電率 5~7 3~4 3~4 7~10 4~5 2.3 5~7
誘電正接(%) 8~15 1.5~3.0 1~2 15 以下 3 以下 0.03 0.5~1
機械特性 引張強さ(MPa) 13~24 8~18 4~11 12~20 8~15 14~20 16~18
伸び(%) 200~400 300~600 450~650 300~600 300~600 400~500 200~300
耐摩耗性
連続許容温度(℃) -20~60
-20~75
(耐熱ビニル)
-55~60 -40~80 -40~75 -40~90 -60~90 -40~200
難燃性 極優 不可 不可
耐オゾン性 不可 極優 極優
耐寒性
耐油性 不可 不可
主用途 絶縁体・シース 絶縁体・シース 絶縁体 シース 絶縁体・シース 絶縁体・シース 絶縁体・シース

低圧キャブタイヤケーブルの使用制限

低圧キャブタイヤケーブルの使用制限は以下の通りです。

電気設備技術基準:平成27年12月解釈改訂版より

  ビニル ゴム(PNCT) 備考
VCT 1種 2種 3種 4種
電球線 屋内 300V以下 × 170条
屋側、屋外 300V以下 × × 170条
舞台、ならく 300V以下 × 172条
トンネル等 300V以下 × 179条
移動
電線
屋内 600V以下 × × 171条
300V以下
屋側、屋外 × 171条
興行場 舞台、ならく、
オーケストラボックス、
映写室 その他
300V以下 × 172条
ボーダーライト 300V以下 × × 172条
トンネル、坑道等 600V以下 × × 179条
300V以下 ×
粉じんの多い場所 爆発性粉じん、火薬類の粉末 × × × 接続点のないこと。 175条
可燃性粉じん ×
可燃性ガスの存在する場所 × × × 接続点のないこと。 176条
燃えやすい危険物の存在する場所 × 接続点のないこと。 177条
屋内電光サイン装置、出退表示灯 182条
ショーウインド、ショーケース内 172条
プール用
水中照明灯
人が触れるおそれのある場所 × クロロプレンCT、
クロロスルホン化ポリエチレンCT
又は、耐燃性エチレンゴムCT
2mm2
接続点のないこと。 187条
人が立ち入るおそれがない場所 × 0.75mm2以上、
接続点のないこと。 187条
アーク
溶接装置
変圧器~溶接電極間 × × 190条
変圧器~被溶接材間(導線用)
小勢力回路用 60V以下 181条
配線

電線路
屋内配線
(ケーブル工事)
600V以下 × × × (ケーブル工事) 164条
展開、点検可の隠ぺい場所 300V以下 ×
屋側、屋外配線 600V以下 × × × 166条
展開、点検可の隠ぺい場所 300V以下 ×
人が常時通行するトンネル内配線 (ケーブル工事)による 179条
鉱山その他坑道内配線 (ケーブル工事)による 179条
トンネル内電線路 (ケーブル工事)による 126条
水上電線路 × × × 127条
地上電線路 × × × 128条

※移動電線の屋内・屋側、屋外・トンネル・坑道等で熱として利用しない機械器具、電熱器と移動電線との接続温度が80℃以下の場合、移動点滅器にはビニルCTを使用できる。

許容曲げ半径

D=ケーブル仕上外径

ケーブルの種類 単 心 多 心
2PNCT、3PNCT、EM-2PPCT、EM-3PPCT、VCTF、フレックス300 VCTF
HVCTF-HB、VCT、フレックス1 VCT、ハイテンプVCT
6D 4D
2PNCT-SB、3PNCT-SB 8D 6D
F-2PNCT、F-2PNCT補強形、F-3PNCT 10D
高圧 2PNCT、高圧 3PNCT 10D 8D
6600V KIP 8D
600V EM-LFC・WL1、1500V EM-LFC、3300V EM-LFC、6600V EM-LFC
600V EM-LFC-SL、600V SLFF、600V スーパーフレックスケーブル
4D

注)常に一定の場所で繰り返し曲げられるものは曲げ半径を大きく取ること(10D以上推奨)

キャブタイヤケーブルの許容張力

キャブタイヤケーブルの許容張力は
導体単位断面積(mm2)あたり19.6N(2kg)以下。
(例 : 3×38mm2のサイズのケーブルであれば、19.6×3×38=2234.4Nとなる)
銅線入りの場合は導体単位断面積(mm2)あたり29.4N(3kg)以下。

ケーブルセレクションガイドCable selection guide

ケーブル品名表示と内容

ケーブル品名表示と内容

①~⑦が対象外の場合は空欄となります。
※1:当該ハイフン(-)は②仕様1に「SF」・「EM」が入る時のみ
※2:当該ハイフン(-)は③仕様2に「F」が入る時のみ
※3:当該ハイフン(-)は⑦シールドに「SB」等が入る時のみ

表示位置 表示項目 表示方法 内容
定格電圧 600V 等 対応する定格電圧。他に3300V、6600Vあり。
仕様1
(特殊仕様)
*複数の場合も
あります。
鋼線入 19.6N/単位導体断面積以上の張力を受けるリール巻取方式等。
導体に鋼線を撚り込み、耐張力性に優れる。
耐屈曲 過酷な屈曲を受ける、移動速度の速い(100m/分以上)カーテン方式等。
線心の撚りピッチを細かくし、過酷な屈曲に耐える。
耐捻回 過酷な捻回を受ける、捻回量の大きい(45°/m以上)移動方式やバケット方式等。撚合わせ上に綿糸編組を施し、過酷な捻回に耐える。
充実形 過酷なしごきを受ける垂直リール方式等。
介在をゴム充実とし、過酷なしごきに耐える。
SF
(高難燃型)
垂直トレイ試験(IEEEstd383:1974)に合格する高難燃型。
EM
(エコキャブタイヤ)
環境配慮型のエコキャブタイヤケーブル。EM-2PPNCT等。
仕様2 F
(介在:Filler)
主に特殊移動用途の際に用いられ、屈曲、捻回、張力に耐える。
※耐燃性(flame retardant)の意味ではございません。
(記載なし) 上記に該当しない。
型式 1種 天然ゴム絶縁天然ゴムキャブタイヤケーブルのみ。(現在取り扱いなし)
2種 軽易な用途に使用するもので、シース材料の特性が1種より良いもの。
3種 シースの中間に補強層が入り、耐衝撃、耐摩耗性、耐外傷性当に優れ、相当厳しい取扱いを受ける場所に適する。
ケーブル記号 PNCT EPゴム絶縁クロロプレンキャブタイヤケーブルを示す。
PPCT EPゴム絶縁耐燃性エチレンゴムキャブタイヤケーブル(エコキャブタイヤケーブル)を示す。②でEM-も表示されます。
その他 他にCT、RNCTなど。
補強 補強形 シースの中間に補強層が入り、耐しごき性に優れる。
シールド SB 等 シールド構造(銅遮へい編組)を表す。
一括シールドや各対シールド、各心シールドなど。
線心数 数値記載 線心の数を表す。
公称断面積 数値記載 導体の公称断面積を表す。

代表的なケーブル品名の例

 
600V     2 PNCT     線心数 × 公称断面積
600V     2 PNCT   - SB 線心数 × 公称断面積
600V     F - 2 PNCT     線心数 × 公称断面積
600V     F - 2 PNCT 補強形   線心数 × 公称断面積
600V     F - 3 PNCT     線心数 × 公称断面積
600V 鋼線入   F - 2 PNCT 補強形   線心数 × 公称断面積
600V SF - F - 2 PNCT     線心数 × 公称断面積
600V EM - 2 PPCT     線心数 × 公称断面積
3300V     2 PNCT     線心数 × 公称断面積
6600V     2 PNCT     線心数 × 公称断面積

特殊移動用キャブタイヤケーブル
選定表

使用方式 ケーブルが
受ける力
F-2PNCT F-2PNCT
補強形
F-3PNCT
充実形
F-2PNCT
補強形
鋼線入
F-2PNCT
補強形
鋼線入充実形
F-2PNCT
補強形
耐屈曲
F-2PNCT
耐捻回
F-2PNCT
屈曲
捻回
張力
しごき
屈曲
捻回
張力
しごき
屈曲
捻回
張力
しごき
屈曲
捻回
張力
しごき
屈曲
捻回
張力
しごき
屈曲
捻回
張力
しごき
屈曲
捻回
張力
しごき
屈曲
捻回
張力
しごき

:推奨  ○:可(要相談)  ―:不適

キャブタイヤケーブルの
製品情報Type of cable

住友電工のキャブタイヤケーブルに関する詳しい情報は次をご覧下さい。

  • ゴムキャブタイヤケーブル
    「2PNCT」「3PNCT」等
    屋外での配線やクレーン・ホイスト等の産業機械の移動用配線として用いられるキャブタイヤケーブルで、絶縁体にエチレンプロピレンゴム(EPゴム)、シースにクロロプレンゴムを使用しています。
    一般的な仕様の他に大型産業機械での使用に耐えられる特殊移動用(通称“F-タイプ”)や垂直トレイ試験(IEEE Std.383:1974)に合格する高難燃仕様のキャブタイヤケーブルがあります。
  • エコキャブタイヤケーブル
    「EM-2PPCT」「EM-3PPCT」等
    絶縁体およびシースに環境に優しいゴムを使用しています。
    一般のゴムキャブタイヤケーブルに比べ、燃焼しにくく(60℃傾斜試験合格)、火災・燃焼時に塩化水素ガスなどの有毒ガスが発生せず、煙の発生量が少ないという特長があります。
  • ビニルキャブタイヤコード・ケーブル「VCTF」「VCT」等
    絶縁体およびシースにビニルを使用しています。
    ゴムキャブタイヤケーブルに比べ軽易な用途で使用されます。
  • 高強度アルミ導体溶接用ケーブル「AL-EM-WCCT」
    導体に高強度アルミをシースに環境配慮型の材料を使用した溶接用ケーブルです。
    従来の溶接用ケーブルに比べ50%以上の軽量化により、ケーブル作業の負担を軽減できます。

キャブタイヤケーブルのほかに機器配線用電線として下記のような製品があります。

  • 口出用ハロゲンフリー可とう性架橋ポリエチレン絶縁電線
    「EM-LFC・WL1」
    「EM-LFC-SL」
    主に口出線として使用される、絶縁体に架橋ポリエチレンを使用した絶縁電線です。
    一般的な絶縁電線より可とう性に優れ、配電盤内等の狭小部の配線に適しています。
    セパレータレスタイプ「EM-LFC-SL」もあります。
  • 高圧機器内配線用EPゴム絶縁電線「KIP」
    公称6.6kV キュービクル式受電設備内の高圧配線に使用される絶縁電線です。
    当社のKIPはEM(エコマテリアル)電線の特性を有します。
  • スーパーフレックスケーブル
    絶縁体とシースに可とう性架橋ポリエチレンを使用したケーブルです。一般的な電力ケーブルより柔らかく、データセンターの非常用電源周りの配線や蓄電システム内など狭小部の低圧ケーブル配線に適します。