ホーム > 企業情報 > プレスリリース > 社長年頭挨拶(社員向け要旨)

プレスリリース

社長年頭挨拶(社員向け要旨)

その他

2020年1月 6日
住友電気工業株式会社
社長 井上 治

2020年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
昨年を振り返りますと、世界経済は、米中貿易問題などによる成長率低下が顕著となり、比較的堅調だった新興国経済にも陰りが見えました。また日本経済は本年のオリンピック特需はあるものの、輸出の減少は続いているなど、国内外とも引き続き厳しい事業環境であることは変わりません。そうした中で、特に、全社を挙げ「SEQCDD(*1)」を強化し、より筋肉質な企業体質へと変革していかねばなりません。

こうした状況を踏まえ、本年は3つのことを皆さんに要望します。

1. グループ全員で利益率の改善に取り組む

2020年3月期 第2四半期連結決算では、売上高営業利益率が低い水準となりました。各部門、各社では、今一度、利益率低下の原因の追究と対策の立案、その完遂をお願いします。

製造部門では、厳しい外部環境を跳ね返すために、必ずしも従来の手法に固執するのではなく、目標達成のためには何をしなければならないのかという視点で、関係者の知恵を集めて、決めた対策のやりきりをお願いします。

営業部門では、顧客の動向や市場の変化を的確に捉えて、チャンスの拡大につなげて頂くようお願いします。

コーポレートスタッフ部門では、一人ひとりが費用や時間に対する意識を高め、業務の「ムリ・ムラ・ムダ」を無くし、生産性を高めるとともに、事務品質についてもさらなる向上をお願いします。

そして、研究開発部門では、真に顧客ニーズにマッチした新製品・新技術の早期開発を要望します。

2. 全ての災害はゼロにできるという強い信念をもって取り組む

安全に関する要望です。

新規拠点や新人への安全教育は、一度きりということは無いと思いますが、各人の行動に表れるまで徹底して頂きたいと思います。また、「魂は細部に宿る」という言葉がありますが、管理監督者は、「1・2・3運動(*2)」や「リスクアセスメント」を、強い注意を持って細部まで実施し、発見したリスクの解消をお願いします。

22VISIONでは、「人・モノ・設備の完全無災害を実現する世界トップの安全企業を目指す」という、目標を掲げています。これが、単なる掛け声に終わることがないよう、住友電工グループ全員が「全ての災害はゼロにできる」という強い信念をもって、各種の安全活動は勿論、日々の業務に取り組んで欲しいと思います。

3. コンプライアンスの徹底

法令遵守、企業倫理の維持は、社会から信頼、尊敬される企業として持続的に発展していくための最低限の条件です。皆さん一人ひとりが、法令の遵守をお願いします。

そして、ルールに無い事柄や局面に遭遇した時は、「萬事入精」、「信用確実」、「不趨浮利」という住友事業精神に立ち返り、確認するようお願いします。

また、様々な分野でグローバル化が進展し、多様性を尊重する現在においては、過去の経験に基づいた行動ではなく、相手の立場を考えた行動が求められます。感情に任せて「怒る」ことと、相手を慮(おもんばか)って「指導する」ことは違いますし、同じような対応でも、相手により受け取り方は違います。こうした点で重要になるのが、コミュニケーションです。日頃から職場内で、縦横のコミュニケーションがあれば、互いに相手の立場を理解しあえる関係が構築できるものと思います。

適切な緊張感のなか、規律がきちんと遵守されるとともに、明るい職場環境の維持、向上に向けて、コミュニケーションについても工夫をお願いします。

本年度も残り3か月、22VISIONの目標達成に向けて、皆さん一人ひとりが何をすべきかをよく考えて頂き、グループ一丸で取り組むようお願いします。


*1 SEQCDDとは、S(Safety:安全)、E(Environment:環境)、Q(Quality:品質)、C(Cost:価格)、D(Delivery:物流、納期)、D(Development:開発)をさします

*2 「1」日に「2」回、現場を巡回し、少なくとも「3」つ以上の指摘・指導をするという運動です

以上

ページの先頭へ