MEMBERS INTERVIEW 選手による会社紹介

選手プロフィール

三宅 奈緒香 NAOKA MIYAKE

三宅 奈緒香 NAOKA MIYAKE

兵庫県出身。北条高校→甲南大学卒業。大学の先輩が所属していたことから住友電工を知る。母校の指導者の勧めもあり、仕事も競技もできる環境であることに魅力を感じ、2013年度に住友電工に入社。住友電工知財テクノセンター(株)権利網構築センターのIP秘書チームに所属し、現在は、発明などの権利化業務を担っている。

(※IPとはIntellectual Property:「知的財産」の頭文字)

職場の雰囲気、業務について

わたし自身、試合や合宿で席をあける日もありますが、社員のみなさんは結果の良し悪しに関わらず応援してくれ、陸上競技にとても関心を持ってくれています。また仕事や業務のことに限らず、趣味や日常の何気ないことも話せる温かい職場です。業務では主に特許の権利化業務に携わっています。
競技では選手としてみなさんにサポートしてもらっている分、みなさんの仕事を円滑にまわしていくサポートとなるこの業務にやりがいを感じています。

競技との両立について

試合、合宿等で不在になることが多い分、職場のみなさんとのコミュニケーションを大切にして業務に励んでいます。
アジア選手権の日本代表に選ばれた時には職場で壮行会を開いてくれた他、日ごろ試合会場まで応援に来てくれたりと、業務を通じて応援してくれる人が増えたことで、競技に対する意欲やサポートへの感謝の気持ちがより一層高まりました。

将来の目標、キャリアについて

選手として競技をすることと会社員として業務に携わることの両面で、これから実業団を目指す選手、社会に出る学生のお手本になりたいと思っています。