STEP毎に読み進めていく事で理解度がより高まります
    STEP2 事業と展望環境エネルギー事業
  • 自動車事業
  • 情報通信事業
  • エレクトロニクス事業
  • 環境エネルギー事業
  • 産業素材事業

産業素材事業 幅広い技術を産業社会の発展に活かす

産業素材事業幅広い技術を産業社会の発展に活かす

電線・ケーブルの伸線技術を基盤にした素材開発力を生かし、土木建築に大きく寄与するPC鋼材、スチールコードなどの特殊金属線などの特徴ある製品を生み出してきました。また、自動車や家電製品に使用される焼結部品、“究極の素材”合成ダイヤモンドなどの独自の優れた素材を世の中に送り出してきました。これらの高機能な産業素材を用いた製品が、さまざまな産業の根幹を支え、広く社会の発展に貢献しています。

Future 産業の根幹を支える高性能・高機能製品の供給
コア技術の強化と加工技術等のさらなる向上、そして医療ほか新分野への挑戦を進めます。
鉄・レアメタルを原料として世界トップクラスの材料技術を活かし、グローバルに産業を支えます。
コア技術の強化・革新 / 原料調達の強化 / 海外展開の加速
Message
自動車市場は堅調に成長すると予想され、新興国を中心に、インフラ需要も拡大していく中、レアメタルの調達難・価格高騰が深刻化も懸念されます。その中で、私たちの材料技術を活かして、産業のあらゆるところに用いられる高機能の産業素材を生み出していきます。そして、グローバルに私たちの力を供給し続けることで、今後もさまざまな産業の根幹を支えています。

自動車事業 / 情報通信事業 / エレクトロニクス事業 / 環境エネルギー事業 / 産業素材事業

  • 自動車事業
  • 情報通信事業
  • エレクトロニクス事業
  • 環境エネルギー事業
  • 産業素材事業
  • 新規事業開発
  • グローバルへの展開
  • CSR活動