STEP毎に読み進めていく事で理解度がより高まります
INFO採用情報

ダイバーシティ

ダイバーシティ

事業が多様でグローバルである以上、そこで活躍する人材も同様です。
住友電工ではさまざまなバックグラウンドを持った人材を積極採用しています。

「グローバルHRMポリシー」を制定し、ダイバーシティを積極的に推進しています

現在、住友電工グループでは、世界40カ国で約27万人以上の人材が活躍しています。当社がグローバル競争に打ち勝つためには、優秀な人材の確保と活躍が最も重要であると考えています。
住友電工は、人材や組織のグローバル化を一層加速し、当社グループのあらゆる人材に対し、国籍、人種、性別、年齢などにかかわらず、様々なキャリア機会を提供し、適材 適所の人員配置やダイバーシティを実現していくため、2011年9月に、人材マネジメントに関する全世界共通の基本方針「Global Human Resource Management Policy」を制定しました。

「グローバルHRMポリシー」

  1. あらゆる人材が住友電工グループの一員として活躍し、仕事を通じて成長し、自己実現し、社会に貢献できる会社を目指します。
  2. 国籍や人種、年齢、性別、性自認、性的指向、障がいの有無等にかかわらず、様々なキャリア機会を提供し、グローバルな適材適所の実現を目指します。
  3. 組織の創造性を高め、永続的に発展するため、多様性を重視し、ダイバーシティの推進に取り組みます。
  4. グローバルな事業展開を支えるグローバルリーダーの育成に取り組みます。グローバルリーダーとは、住友事業精神と住友電工グループ経営理念を理解し、ダイバーシティに富んだチームをリードできる人を意味します。

働くうえで大事なことは一人ひとりの健康

少子高齢化の進展によって働き手の不足が予測される中、それぞれ事情を抱えた人や多様な背景を背負った人が一体となり、チームで目標達成をめざす時代を迎えています。
一人ひとりが健康を維持して人生を充実させ、会社も成長していくためには、「 誰もが毎日いくらでも残業できる」といった従来の働き方を見直し、生産性の向上を図ることが欠かせません。住友電工グループの持続的な発展成長を実現するためには、その主体である住友電工グループの社員一人ひとりの健康が不可欠であると考え、2015年12月に「健康経営宣言」を行いました。現在、本件健康経営宣言に基づく積極的な取り組みを推進しています。

主な取組
・フィットネスクラブの会員である社員に入会費および月会費の一部を補助
・生活習慣改善目標を達成した社員に対して旅行や育児の費用などに利用できるインセンティブポイントを付与
・大手フィットネスクラブRIZAP トレーナーを招き「住友電工×RIZAP 運動習慣セミナー」を全国の事業所で開催
・1日平均8,000歩の目標を達成した社員の中から抽選で賞品を進呈し、全参加者の総歩数に応じた金額を「世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)」へ寄付
・社内同好会、サークル活動への支援を強化するとともに、地域や社内でのスポーツ教室などを開催

多様な人材が能力を最大限発揮して活躍し、充実した人生が送れる職場環境づくりを目指しています

グローバル競争に勝ち抜くためには、ダイバーシティに富んだ人材が活躍できる職場づくりを進めることが重要です。
現在は「働き方の見直し」に注力しており、年間の総労働時間の削減や、有給休暇の取得を促進し、業務効率化・生産性向上を目指す取り組みを全社・各部門で行っています。
「働き方の見直し」において、計画的に有給休暇の取得を促進する制度や時間単位で取得できる有給休暇制度、要件を満たす全社員対象の在宅勤務制度などを導入することで、社員の多様なニーズへの対応や柔軟な働き方の実現を可能にする仕組みづくりを目指しています。 また、仕事も生活もともに充実出来る職場環境実現のため、育児・介護を支援する各種制度の拡充や、社内託児所の設置、ボランティア活動を行う場合に休暇を取得することができる「ボランティア休暇制度」等の環境整備を進めています。さらに、女性のキャリア形成支援を目的とした自分のキャリアを考えるための研修を本人に実施し、上司には様々なライフイベントを控える女性部下の個々人にあった成長支援を考えることを目的とした「女性総合職育成マネジメント研修」を実施しています。これら女性活躍推進の活動が高く評価され優れた女性活躍推進に取り組む企業に送られる「えるぼし」の最高位認定を取得しています。

  • 募集要項
  • 選考フロー
  • Q&A
  • ダイバーシティ
  • 福利厚生
  • 人材育成